トップ

鎌田ノート

ヴィジョナリー・ジャパン

 

本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

■1.何も書けない日もある / ■2.CS向上セミナー公開コース<7月>お知らせ

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年04月02日

-----------------------------------------------------------------
桜前線の北上は一気に茨城県から東北へと!
なぜか日本人にとって桜の花は特別な意味をもっている。
一気に咲いて、散り行く様(さま)に様々な思いが交錯するの
だろう!華やかな世界は一瞬で去って、その儚さに心が揺さ
ぶられる。だから、この瞬間が愛おしくもあり、今を生きな
ければと思ってしまうのだ。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.何も書けない日もある

■2.CS向上セミナー公開コース<7月>お知らせ


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.何も書けない日もある

「何も書けない日もある」と思っていたら、
何のことはない、たくさんある。

時間の不思議さと自分の存在について
語ったらきりがない!

みなさん考えたことがあるだろうか?

なぜ時間は過去、現在、未来があるのかと。

後戻りはできない一方通行なんです。

アイシュタインの相対性理論にしても
未だ時間の「今」についてはお手上げだそうだ。
「今」の連続の上に成り立ってる。

「今」を感じるのは人間の「意識」であって、
個々人がそれぞれの「今」をもってる。

従って死んだら「今」は消滅するのだそうだ。

いつも思うのだが、自分の存在、
自分が生きてるという意識は
個々人がそれぞれ持っている。
なぜに、よりによって、
自分を中心に世界があるのかと、思うことがある。

なぜにこの肉体にのみ自分がいるのか!
不思議でならない。

何十億もの人がいるのに、
それぞれの意識が何十億もの世界を見ている。

ほんとに不思議だ!
なぜによりによって自分の肉体に自分がいるのか!





■2.CS向上セミナー公開コース<7月>お知らせ


会場はシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルです。
東京湾を一望する素晴らしい眺めの会場で、
クッキーやチョコレートをつまみながら
リラックスした雰囲気で過ごせます。

日常を離れ、新しい視線で自分の仕事について
じっくりと考える時間が持てます。
きっと新しい目標や、働き甲斐が見つかります。

≪≪≪ 宿泊はついておりません! ≫≫≫
 

担当講師: 鎌田 洋(かまた ひろし)

日  時: 2018年7月3日(火)・4日(水) 
      1日目 10:00~18:00 2日目 9:00~17:00

受講料: 64,800円(税込)

・テキスト
・2日分(3日.4日)の昼食
・パークチケット代
 以上が料金に含まれています。

※宿泊はついておりません。

会  場: シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 

定  員: 36名


※定員に達しましたら募集を締め切らせていただきます。
※詳細はホームページをご覧ください。
http://www.visionaryjapan.com/schedule/2018/04/csin_2.html



 

■1.山下弘子さんの死に思う

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年03月26日

-----------------------------------------------------------------
関東は一気に桜が咲き始めました。しかも、ものすごいス
ピードで、金曜日にはまだ蕾だったのに、土曜日には満開
近くにまで。遅々として春が来ないことに苛ついていたが
嘘のようです。北国はまだまだ春は遠いかもしれないが、
それとて時間の問題です。冬来たば春遠からず!
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.山下弘子さんの死に思う


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.山下弘子さんの死に思う

皆さんも保険のコマーシャルでご存知でしょう。
山下弘子さんが静かに25歳でこの世にお別れしました。

19歳で膵臓癌の病に襲われて、
余命半年の宣告を受けました。

その彼女の屈託無い笑顔に私は、
「単純にすごいなぁ」と思ったものです。

人は自分が死ぬことを現実に受け止めることは
なかなかできないものです。

たしかに死はいつかは誰にでも訪れると皆思ってはいます。
でもそれは遥か先の話だと。

実は今を盛りに咲く桜、
この世であと何回見れるかと思うと
100回はないのです。

彼女の生き方から学ぶとするならば
「今を生きる」ことの大事さだと思うのです。

今の先に未来がある。

死を意識した人が考える究極の選択なのでしょうか。
彼女は様々な治療法にチャレンジしながらも、
「今を生きること」に集中していたのかもしれません。

それは単に楽しく生きることだけでなく、
掛け替えのない人を愛することで、
心穏やかに生きることも、
今を生きることなのだと思うのです。

生きてること自体に感謝する。

生かされてることに感謝する。

彼女は一番よく知っていたに違いないと思います。

彼女の死から「今を生きること」を
再度考えてみようと思います。


 

■1.コーチの重要性

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年03月19日

-----------------------------------------------------------------
関東の桜の開花が発表されました。平年より9日早く、昨年
より4日早く、1953年以来3番目に早い開花だそうです。
そしてあっという間にコブシの花が一斉に咲き始めました。
春の訪れは縮んだ人々の心を解放します。そして不可能だっ
たことや問題も解決しそうな気がするのは、春のお陰だと思
うのは勘ぐり過ぎかな?
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.コーチの重要性


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.コーチの重要性

大坂なおみはプロテニスプレイヤー。
サーシャ・ベンジンは、そう、大坂なおみの新コーチ。

セレナ、ウォズニアッキ、アザレンカなどの
トッププレイヤーのヒッティングコーチをしていたと言う。

彼の指導方法は昨今話題なっている

選手の良いところ徹底して褒める。
そして潜在的な能力を引き出す。
それが自信となり、安定したプレーが出来るのだ。

ディズニーの指導方法と共通している。

結果を見て至らないところを直ぐに指摘するのではなく、
まずは良いところを指摘する。

そして正すべきところは
「こうすればさらに良くなるよ」と伝える。

「さらに良くなる」
とっても良い響きに聞こえるのは私だけかな。

言われる側の心理をよく考えられた指導方法だと思う。


「ここを直せばさらに良くなる」
どうぞご参考に!

 

■1.死後の世界

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年03月12日

-----------------------------------------------------------------
3月も半ばとなりました。日に日に朝が早くなるのを実感と
してわかるようになりました。そんな事に気がつくと少し嬉
しくなる自分がいたりして。不思議なものです。結局は
人は自然と共に存在するものだなと思ってしまいます。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.死後の世界


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.死後の世界

「プルーフ・オブ・ヘヴン」(エベン・アレグザンダー著と)
いう本を読みました。

脳神経外科医である彼が実体験から
死後の世界は実際にあると確信したと言う内容です。

彼は魂とか霊とか信じない
科学的なものだけを信頼していただけに
センセーショナルに取り上げられたのだそうです。

一方、シーン・キャロル教授は物理学者。
彼は物理学的には死後の世界は無いと断言しています。

これらの論争は結論がまだ出ていない
と言ってもいいでしょう。

たしかに臨死体験談は数多く語られています。
天国と地獄もあるかも知れないと!

でもそれは完全に死からの復活ではないのですから、
これまた確信が持てないでいるのです。

私は思うのです。

こんな論議は時間の無駄なような気がすると。

一番確実なのは、今この生きてる現実世界。

今、この瞬間こそが大事なのだと。
天国と地獄はこの現実世界に既に存在する。
幸せは天国!
不幸は地獄!

しかもそれは常に行ったり来たりすると言う。

死後の世界にも地獄はあるけれど
心の浄化をする事で天国に近づけるとも言う。

私見は「今を生きる」に集中するしかない。

死後の世界を思い煩っても仕方ない。


「ありがとう」の数だけ幸せになる!



 

■1.上海ディズニーを楽しんできました

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年03月05日

-----------------------------------------------------------------
随分と日が長くなりました。朝の6時ごろには明るくなって、
時間感覚が狂います。道端の水仙もグングン空に向かって伸び
ています。早咲きの桜の便りも各地から届いていますよ。
ディズニーランドには3種類の桜があって、もう既に満開の
桜もトゥーンタウンにあるんだそうです。
今年の春を楽しみたいものです。

-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.上海ディズニーを楽しんできました


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.上海ディズニーを楽しんできました

オープン以来3回目の上海ディズニーを楽しんできました。

オープン当初はネガティブな報道が流されていたのは
みなさんの記憶にも残ってるでしょう。

たしかに最初は運営に不慣れなキャストや、
ディズニーの楽しみ方を分からないゲストが多かった
ことなどで格好のメディアの餌食になってました。

現状からすると、そうした滑稽な状況は
ほとんど見られなくなりました。

アトラクションの出来栄えは斬新ですし、
ゆったりした空間設計は、
国土の広さからくるようなおおらかさを感じられます。
ま、そのせいもあって少々疲れたりはしますがね。

私見ですがベスト3のアトラクションをあげるとすれば、
「カリブの海賊」「ソアリン」「トロン」でしょうか!

彼らの合理性を感じたのは子供の料金設定です。
100センチ以下は年齢に関係なく無料なんです。
つまり、実年齢よりはアトラクションを楽しめる
身長で区別しているのです。

ただ問題も多くありました。
アトラクションのキューラインが
固定化されている場合が多いので
待ち時間がなくても、迷路のようなキューラインを
長々と歩かなければならない。

キューラインを変更するのには、キャストの労力が
必要とはされますが、ゲストファーストとは程遠いものです。

キャストはまだまだ笑顔が足りなかったような気がします。
それはゲストにも言えました。
オープンしてまだ日が浅いので仕方ない事かもしれません。

それでもパレードを見ているゲストは、
自然に笑顔になっていました。

その笑顔に少し救われた感じをもったのは
私だけではなかったでしょう。



 

■1.小平奈緒は求道者

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年02月26日

-----------------------------------------------------------------
2月最後の1週間です。春はもう直ぐ近くまで来ています。
私たちが気がつかないうち、に本当に直ぐ近くまでね!終わり
なく振り続けた雪には、ほとほと泣かされた今年の冬!
厳冬の最後は平昌の感動の中で終わろうとしています。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.小平奈緒は求道者


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.小平奈緒は求道者

オリンピック記録更新のおまけまで付けて
小平奈緒は手を大きくあげた。

会場は驚きと歓声の嵐!

彼女はその中でも冷静だった。

長年のライバルであった
韓国のエース、イ・サンファ選手のレースの為に
観客に静かにして!とのサインを出すのだ。

皆んながかたずをのんでイ・サンファ選手の
疾走の結果を見守る。

韓国国民の期待の星、イ・サンファは
惜しくも2位となった。

目から大粒の涙を流す彼女のそばに寄る小平選手、
優しく彼女の前で両腕を広げると
イ・サンファは母親に抱かれるように
小平選手の胸に自ら飛び込む。

なにやら2人は言葉を交わす。
2人の想いはライバルを超えて
一人の人間としてお互いをリスペクトしてるのだ。

私みたいな凡人ならばライバルとみなせば口もきかない、
ましてや相手の勝利を喜ぶことなんか出来ない!

自分のことを「求道者」と呼ぶ小平奈緒さん、
あなたは単なる技術や記録を求道してるのではない。

人として大切な愛を求道してるのだ。

インタビューに答えるあなたの瞳は
どんなに美しい海の碧さより美しい!

心から伝えたい、
「日本人として、いや、一人の人間として
 あなたをリスペクトしたい。」



 

■1.大切な人が亡くなって思うこと

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年02月19日

-----------------------------------------------------------------
オリンピックの話題で持ちきりですね!日本オリンピック
委員会の目標メダル数は9個だそうですが、既に達成して
います。少し低すぎたような気がします。ま、期待倒れに
ならない配慮でしょうかね。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.大切な人が亡くなって思うこと


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.大切な人が亡くなって思うこと

人生において、人は人の死に直面して
悲しさや喪失感に襲われます。

特に身近な人や親しい人が亡くなった時は
言葉では言い表せないほど辛い気持ちになります。

私も父や母、さらに一緒に仕事をしていた
仲間の死に人知れず涙を流したこともあります。

誰にでも訪れる悲しさかもしれません。

自分の身に振り返れば
いつかは自分もこの世から居なくなる日が必ず訪れる。

自分が亡くなったときから
次代は大きく変わって行くような錯覚に襲われる。

実はそんなに変わることなく
昨日の続きがへいへいに続くだけなのだ。

いつも見ている山々、そして木々、
花々もそんなに急激には変わらない。


不思議な気がする。

日々の変わり様は大きいと思うけど
そんなには思うほど変わらない。

科学や技術の変化は激しいかもしれないが
自然の営みは大きく変わらない。

この宇宙、この大自然の法則は変わらない!

アナハイムのディズニーランドに行けば
ウォルト・ディズニーが生きていた頃
に花を付けていた木々も厳然として残っている。

施設の変化はあっても、自然の一部は残ってる。

生命の生死はあっても自然の法則は変わらない。



 

■1.共感する事で人は元気になる

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年02月05日

-----------------------------------------------------------------
昨日は立春です。厳しい寒さが続く毎日ですが、暦は春!
今週末からは冬季オリンピックが始まります。どんなドラマが
繰り広げられのでしょうか!楽しみです。政治的な思惑はあっ
てはならないと思いたいが見え見えの部分もあったりして!
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.共感する事で人は元気になる


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.共感する事で人は元気になる

なんにも伝えたい事が浮かんでこない。
そんな時こそ、徒然草風に自分に向けて書く
本来の趣旨に素直に従えばいい!

どだい、人が悩む時の一番の原因は
他者との関係を考えた時なんだね。

他人から自分がどう見られたいか、
或いは意思の疎通が上手く出来ない時とか。

無理がよくない!

人様によく見られたい意思が強すぎると
そうなってない自分に嫌悪する。

伝えたい事が相手に伝わらないストレスに疲れてしまう。

多くの人間関係の悩みは
「共感する」事で解決出来るのではと思う。

人は時として孤独を希求する。
その反対に他者と繋がることを欲しがる。

他者と食事をする時は楽しい!
家族で、恋人同士、
仲間達でディズニーパークにいる時は楽しい!

人との関係の心地よさに浸ることができる。
少しネガティブな自分から立ち直る事が出来る。
これらは全て「共感」の効用なのだ。


 

■1.マスメディアの危険性

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年01月29日

-----------------------------------------------------------------
4年ぶりの大雪に見舞われた関東地方。やはり、いつものこ
とながら公共の交通機関は乱れに乱れました。気温が低い為、
雪が解けず高速道路は長い期間通行止めが続きました。自然
の営みは私達の想像をいとも簡単に超えてしまいます。火山は
想定外にも暴発して被害をもたらします。人類の思い上がりを
嗜めるかのようです。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.マスメディアの危険性


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.マスメディアの危険性

私達は毎日、多くのニュースを見聞きする。
或いは評論家のコラムなども洪水の如く周りに漂っています。

それらの事象の中の一つに偶然にぶち当たります。
そしてその内容は客観的な正しい情報として頭に入ってくる。

ところがここに落とし穴がある。

ニュースを流す際に単に事実をあるがままに伝えるならば
(これも本当にあるがままなのかは怪しいのだが)
救われるのだ。
その事象をどう捉えるかは受け取る方の捉え方で決まる。

ところがその事実に評価や意見が入ったとすると
甚だ難しいことになる。
ニュースを流す側、或いは評論家の勝手な見解だからです。

その勝手な思い込みを
私達はともすると正しい事実だと思ってしまう。

この時代、洪水のような情報から
何が正しくて何が間違ってるのか
見極めるのは極めて困難な時代になってしまった。

昨今、高齢者の交通事故が多く取り上げられ、
免許証返納が賢明な判断だと言う風潮がある。

ところが実際には若者の事故率が
圧倒的に高いという事実は伝えられてない。

報道の伝え方の偏重による間違った認識が
蔓延する典型的な事例だ。



 

■1.売れる人売れない人(その4)  / ■2.CS向上セミナー公開コース<3月>お知らせ

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年01月22日

--------------------------------------------------------------
大寒の入りと同時に東京にも雪が降る予報に。シベリアで
は氷点下60度、かと思えばオーストラリアでは47度越
えです。温暖化の影響は単に気温が上昇するだけでなく
自然のバランスが崩れると言うことなのですね。
--------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ---------------------------------------∽∽∽


■1.売れる人売れない人(その4)

■2.CS向上セミナー公開コース<3月>お知らせ


∽∽∽--------------------------------------------------∽∽∽


■1.売れる人売れない人(その4)

ー 人と違うことをする ー

前回に引き続き、ハウスメーカーの
新人トップセールスマンの話をしましょう。

その当時、戸建ての注文住宅の集客方法には
自社のお客様の引き渡し前の家屋を
土日、2日ほど借りてオープンハウスを
開催するのが一般的でした。

ところが彼は新しい提案をします。

本気で家を建てる気のある人、
あるいは近い将来に家を建てることが決まっている
お客様はホットなお客様。

そうしたお客様にとっては一生一大の買い物。

家を建てるにあたっては、外観や内装だけでなく
基礎の様子や、建築中の資材の保管状態
などを知りたいもの。

従って「基礎現場見学会」の開催を提案したのです。

先輩社員は考えもしなかった彼の提案に
せせら笑いする者もいました。
でも彼の説得力は的を射ていました。

自社の強みは何か?
基礎が他社よりも優れていること。
現場の整理整頓が行き届いていること。

お客様はモデルホームや完成物件しか見る機会がない。

ならば自社の強みを見学する機会を作る事で
効果性の高いマーケティングが出来るのだと!

彼のセールスマンとしての
高い能力と実績は先輩社員からの信頼も厚かった。

彼の提案が物の見事に成功した事は言うまでもありません。





■2.CS向上セミナー公開コース<3月>お知らせ


会場はシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルです。
東京湾を一望する素晴らしい眺めの会場で、
クッキーやチョコレートをつまみながら
リラックスした雰囲気で過ごせます。

日常を離れ、新しい視線で自分の仕事について
じっくりと考える時間が持てます。
きっと新しい目標や、働き甲斐が見つかります。

≪≪≪ 宿泊はついておりません! ≫≫≫
 

担当講師: 鎌田 洋(かまた ひろし)

日  時: 2018年3月6日(火)・7日(水) 
      1日目 10:00~18:00 2日目 9:00~17:00

受講料: 64,800円(税込)

・テキスト
・2日分(6日.7日)の昼食
・パークチケット代
 以上が料金に含まれています。

※宿泊はついておりません。

会  場: シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 

定  員: 36名


※定員に達しましたら募集を締め切らせていただきます。
※詳細はホームページをご覧ください。
http://www.visionaryjapan.com/schedule/2017/10/csin_1.html



前に戻る

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ