トップ

鎌田ノート

■1.ディズニーの不思議な世界 ■2.経営者・管理職対象 講演会のお知らせ

 

本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

■1.ディズニーの不思議な世界 ■2.経営者・管理職対象 講演会のお知らせ

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2019年08月26日

-----------------------------------------------------------------
朝晩の様子が随分と変わってきました。お日様が寝坊し
て床につくのがめっきり早くなってきました。考えてみ
れば夏至からもう2カ月も経ってますから当然ですね。
来月には彼岸、昼と夜が同じ長さになります。季節は、
間違いなく前に進んでいますよ。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.ディズニーの不思議な世界

■2.経営者・管理職対象 講演会のお知らせ


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.ディズニーの不思議な世界

よく言われることにミッキーのカチューシャを
付けてはなかなか電車には乗れないと!

あの京葉線でさえ、舞浜駅から家路に帰る人びとの
頭にはカチューシャはない。

ところが一度パークに入ると女子だけでなく
男子までもが何かしらのディズニーキャラクターを
身に付けている。

閉塞されたあの空間であるからなのか?
非日常性が人々の心のバリアーを
解放してしまうからなのか?

パークに入ってくるゲストの顔は
なぜか笑顔になっている。
ワクワク感が顔に表れている。

ディズニーで働いてるときには、
よくオープン間際のワールドバザールに行ったものだ。
そうしたゲストの顔が好きだった。

ディズニーパークの魅力は多くの本が著してるから
今更書くつもりはない。

アトラクション、シーズン毎のイベント、
キャストの言動、清潔さ、などなど・・・

そうした魅力は実は結果ではないのか。

そう、ウォルト・ディズニーはかつてこう言いました。
「科学技術が進めば進むほど、
  人々は孤独になり分離する。
 だから私は人々が互いに感動し
  心が1つになる場所を作りたかったんだ」

この想いを実現しようとした結果が
様々な場面で現れているのです。

そうした精神がよく分かるシーンは、
マークトウェイン号に乗ることで理解できます。

マークトウェインのゲストが
ウエスタンリバー鉄道のゲストに手を振っている。
アメリカ川のほとりを歩くゲストにも手を振ってる。

人は共感しあっていると
なぜか他人に優しくなれるのです。





■2.経営者・管理職対象 講演会のお知らせ

ヴィジョナリー・ジャパン主催の講演会のお知らせです。
経営者・管理職対象 公開講演会
「ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門」

【陳腐・退屈からの脱却 成功の公式】
ディズニーランドの清掃と人材育成の経験から学んだ
理想の組織に成長するためのメソッドをお伝えします。
魔法の杖の一振りでは会社は変われない‼

世界経済も日本経済もカオスの世界に
突入したと感じる今日この頃!

出口も見えない現状はまさに閉塞状態です。
現状打破の処方箋を喉から手が出るほど
欲しいと思うのは当然の話です。
会社を変えるにはパラダイムを変える。
会社を変えることは習慣を変えること。



担当講師: 鎌田 洋(かまた ひろし)
      中原 拓也(なかはら たくや)

日 時: 2019年9月26日(木) 
     14:00~17:00

受講料: 5,400円(税込)


会 場: HSB鉄砲洲会議室
     〒104-0043 東京都中央区湊一丁目1番12号 
     JR京葉線:「八丁堀」駅B3出口 徒歩3分
     日比谷線:「八丁堀」駅A2出口 徒歩5分
     有楽町線:「新富町」駅5番出口 徒歩10分 

定 員: 30名

※定員に達しましたら募集を締め切らせていただきます。
※詳細はホームページをご覧ください。


鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ