トップ

鎌田ノート

■1.京都アニメーション、スタジオ火災の悲劇

 

本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

■1.京都アニメーション、スタジオ火災の悲劇

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2019年07月22日

-----------------------------------------------------------------
梅雨末期の様相を呈してきました。九州北部の豪雨は
あの九州北部豪雨を思い出させます。台風5号の北上で
梅雨明けは来るのかしら。関東は記録的な日照不足から
解放されるのかしら。全て自然のなすがままにいつも
人類は悩まされ続けています。地球温暖化が自然の
気まぐれに拍車をかけています。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.京都アニメーション、スタジオ火災の悲劇


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.京都アニメーション、スタジオ火災の悲劇


亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
負傷された方、ご家族、ご関係の皆様の
ご回復を心よりお祈りいたします。


全く予想もつかない事件が起きました。

一人の精神的疾患(?)の男により、
34名の尊い命が奪われました。

彼らのアニメーションの人気は世界的なもので、
アメリカでは既に多額の寄付が集まっているとか!
イギリスでも救済活動が始まっています。

その作品の秀悦さもさることながら
東京中心のアニメーション業界から
地方発信という新しい流れを作った。

アニメーション業界の労働環境は決してよくない中で、
正社員として処遇して彼らの生活を安定させてた事も
特筆すべきものです。

そんな京都アニメションスタジオを襲った悲劇は
あまりにも理不尽な出来事でした。

万一、容疑者が責任能力なしと鑑定されたら
不起訴になってしまうようなことがあったら
(決してそうはならない事を切に願うばかりですが)、
どこにその怒りを向ければいいのでしょうか!
本当に切なくてたまりません。



鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ