トップ

鎌田ノート

■1.Win-Win の関係になるためには ■2.CS向上セミナー公開コース<7月>お知らせ

 

本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

■1.Win-Win の関係になるためには ■2.CS向上セミナー公開コース<7月>お知らせ

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2019年05月20日

-----------------------------------------------------------------
梅雨前の天気はなぜか爽やかです。天気予報によれば
例年5月下旬から6月上旬、梅雨前の天気は晴れる日が
多いのだとか。確かに週間予報によれば、関東は火曜日に
雨の予報となってるが、その後は比較的晴れのマークが
続いてます。人の気持ちは天気によって左右されますから、
長雨に備えて心の耐性を鍛えておきたいものです。雨でも
心中は晴れていたい。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.Win-Win の関係になるためには

■2.CS向上セミナー公開コース<7月>お知らせ


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.Win-Win の関係になるためには

お互いに良い関係であるためには
お互いの人格が問われる、
と前回の鎌田ノートでお伝えしましたね。

「7つの習慣」は成功の原則を体系的、
かつ実践的に著した名著です。

成功を考える上で大切なことは
人格主義でなければならないと。

ところが近年では、手っ取り早くテクニックや
スキルを身につけること。
外見や持ち物に注意を払うことで
成功へ近づくことが出来るという
傾向が強過ぎてしまったと言うのです。

したがって互いの良い関係をつくるためにも
もう少し人格に目を向ける必要があるのです。

考えてみれば嫉妬、妬み、恨み、中傷、
はたまたイジメの類は人格者とは
真逆のような気がします。

人格の要素は様々です。

でも私たちは既に知っています。
謙虚、正直、誠実、努力、賞賛、貢献、などなど。

それらを獲得するためには
3つのステップがあると言います。

第1は、主体性を発揮する。
第2は、目的を持って始める。
第3は、重要事項を優先する。

互いにWinを得る為には
まず己の人格を向上させる必要があるわけです。

その第1のステップが、「主体性を発揮する」です。
そこで今回は主体性に対して
「7つの習慣」で述べられているよりも
より分かりやすくわたしの見解を示したいと思います。

私たちは様々な刺激に対して反応をします。
その時の反応は選択することができるわけです。

人間には動物と違って、自覚をすること、
想像力を発揮すること、良心を働かせること、
そして何より自由な意思があると言われています。

感情的にならず刺激と反応の間にスペースをもち
反応を選択すること。

感情的な人は刺激に対して反応的です。

相手に対して、なんて我儘な人なんだろう!
全くこっちの気持ちなんかわかろうとしない!
もう嫌い!絶交する!もう来なくていい!
なんで私だけがこんな目に遭わなくちゃいけないの!
ついてないわ!

ところが主体的な人は、刺激と反応の間に
スペースをつくろうと努力します。

深呼吸して今の状況を冷静に見つめます。
自覚を高め、想像力を発揮して、
最善の方法を考えて行動します。

さらにそのスペースを効果的に働かせる為には
自分なりの価値観、理想の姿、こだわり、
などをもつ必要があるわけです。

私のビジネスセミナーでは、
組織の活性化には、組織の最小単位である
「個人」が主体性を発揮しないと
本当の意味での組織の活性化は計れないと伝えます。

「我が人生の主体は我にあり」
ここに目覚めないとダメだと!

つまりは、会社のために自分があるのではなく、
一人の人間としてどうありたいか、
幸せになる為にはどうあるべきかを考えなさいと伝えます。

自分の人生は、そんなに大それた意味なんかないし、
つつがなく過ごせればそれでもいい
とだけ思って仕事についていたらどうなるでしょう。

上から言われた事が正しいと思わなくても
黙って従う事になります。

ましてやお客様が喜び、
感謝するような商品のアイデアなんか
積極的に出すことさえもしない。

そんな個人の集合体だったら
その会社の行く末は想像できますでしょう。

昨今でも多くの人たちに迷惑をかけた会社が
ニュースになったことは皆さんの記憶に新しいはずです。
会社が間違った方向に進んでいても
勇気を持って正すこともしないのです。

自分のミッションがしっかりしていれば
外なる刺激に正しく反応することができるはずです。

犯罪は、刺激に対して正しい反応が
出来なかった結果だと思います。

感情に赴くままで想像力も発揮できずないから
事件を起こすのです。

刺激から解放され、正しい選択をする。
外なるものに影響を受けない!

この話をするときにはいつも思い出す。
加藤諦三先生の名著「俺には俺の生き方がある」

我が人生の主体は我にありです。





■2.CS向上セミナー公開コース<7月>お知らせ

7月のCS向上セミナー公開コースの募集中です。

会場はシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルです。
東京ベイの青い空と海を望む、開放感あふれる会場です。

日常を離れ、新しい視線で自分の仕事について
じっくりと考える時間が持てます。
きっと新しい目標や、働き甲斐が見つかります。


担当講師: 鎌田 洋(かまた ひろし)

日 時: 2019年7月17日(水)・18日(木) 
      1日目 10:00~18:00 2日目 9:00~17:00

受講料: 64,800円(税込)

・テキスト
・2日分の昼食
・パークチケット代
 以上が料金に含まれています。

※宿泊はついておりません。

会 場: シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 

定 員: 20名


※定員に達しましたら募集を締め切らせていただきます。
※詳細はホームページをご覧ください。
http://www.visionaryjapan.com/schedule/2019/03/2019csin.html



鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ