トップ

鎌田ノート

■1.フェデラー選手に見る主体性

 

本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

■1.フェデラー選手に見る主体性

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2019年03月18日

-----------------------------------------------------------------
朝も早く感じるようになりました。河津桜から始まり、
早咲きの桜の便りがどんどん各地から便りが届いてます。
ディズニーランドでは早咲きの「あたみ桜」もすでに
満開となってました。今月末は日本中がピンク色に染ま
ります。日本に生まれて良かったと思う季節でもありま
すね。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.フェデラー選手に見る主体性


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.フェデラー選手に見る主体性

とうとう、4大大会に次ぐマスターズ1000でも優勝は
逃したものの準優勝してしまいました。
今年38歳にもなるというのに!

錦織圭は、
「フェデラーはいつも凄いトレーニングをしている」
と言っていました。

彼の強さの秘密はどこにあるのでしょう。

技術的に素晴らしいのは誰もが認めます。
でも、それだけではこんなにも長くトップを
維持し続ける理由にはなりません。

とある解説者が一流のアスリートの特徴は
「人間力」だと言っていました。

人間力に長けてる人とはどんな人だろうか?
人格者とも言えるかも知れません。

それはまさに主体性を発揮してる人とも言えます。

主体性とは前回の鎌田ノートで明らかにしたように
刺激と反応の間にスペースを持ち、
そのスペースには反応の選択の自由があります。

自覚・想像力・良心・自由意志を状況に応じて選択する。

『自覚』については、
何より自分の身体の状況をよく知ってる。
では何をどこまでに準備すれば良いのか、
『想像力』を働かせて計画します。
そして何より彼を一流にしてるものは人間性、
『良心』の発揮です。

本人も言ってるように
若い時は感情に走ることもあったが、
今は、ラケットを叩きつけることもない。

戦う相手をリスペクトしています。

そして最後の『自由意志』は
それらの選択を誰にも影響を受けることなく
実行する意思があります。

彼は引退したら、何より家族と触れ合う時間を
大切にしたいと言い切りました。

まさに主体性を遺憾なく発揮するフェデラーは
今回は優勝出来なかったけれど
これからも活躍が続くことを期待します。

追記 フェデラーの実績
グランドスラム優勝 20回(豪6・仏1・英8・米5)
ATPファイナルズ優勝 6回
ATPツアー・マスターズ1000優勝 27回
ATPツアー・500シリーズ優勝 22回
ATPツアー・250シリーズ優勝 25回




鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ