トップ

鎌田ノート

■1.ディズニーが嫌いな人のその理由とは(3)ディズニーランドは共産主義的?

 

本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

■1.ディズニーが嫌いな人のその理由とは(3)ディズニーランドは共産主義的?

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年11月19日

-----------------------------------------------------------------
11月も半ばを過ぎて、今年ももうすぐ終わりに近づいて
来ました。なんとなく年の瀬は気持ちも慌しくなります。
無駄な時間の過ごし方をしてきた自分に悔いるのだが、
せめて残りの時間は充実したものにしたいと思う気持ち
も焦りを生むのかも知れません。いずれにしても人は
それぞれ片道切符を携えて終着駅を目指すわけです。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.ディズニーが嫌いな人のその理由とは(3)
   ディズニーランドは共産主義的?

∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.ディズニーが嫌いな人のその理由とは(3)
   ディズニーランドは共産主義的?

ディズニーが家族共々嫌いなコラムニストさんは
家族でディズニーランドに来て
とてつもない混雑に疲労困憊させられ、
不味いピザを食べさせられ
散々な目にあったとボヤくのだ。

最後に彼は皮肉交じりに
「ここは金持ちも貧乏人も等しく平等である」と
の賜ったのだ。

確かに金持ちだからと言って前の人を追い越して
列の前に行くことはできない。

混雑も常識を超える事もある。
昨日のミッキーマウス誕生日を祝うために
ミートミッキーに660分も並ぶゲストは尋常じゃない。

でも彼らは彼のように文句は言わないのだ。
それを承知で並んでいるのだ。

テレビのインタビューで
10時間並んでミッキーマウスと会えた
若いお嬢さん2人は、
屈託無く「楽しかった〜!」と言う。

彼には到底理解し難い光景なのだ。

もっとも彼は友達から頂いたチケットで
来てるわけだから、動機も大したことない。
だから事前の準備もせずに来ているはず。

彼が主張する共産主義的発言も考えてみればおかしな話。

バケーションパッケージなるものが
あることさえ彼は知らないのだ。

お金を払えばディズニープランドホテルに泊まり
優先搭乗できるファストパス付き、
ショーも指定優先席で鑑賞することが出来るのだ。

彼の言うすべからく平等と言う意味は
当てはまらないことになる。

「全てのゲストはVIP」と言う言葉は
ディズニーで言い古された言葉ではあるが、
この意味は誰でも大切におもてなししましょう、
と言う意味なのだ。

それにしてもここ数年のディズニーリゾートの
混雑ぶりは目に余るものがある。

オリエンタルランド社も施設の拡充に
ようやく本腰を入れ始めた。
今、パークの内外はクレーンが何本も立っている。

それでも施設が充実すればするほど
混雑に拍車がかかりそうだ。

イタチごっこみたいな状況になりはしないか
心配ではある。

ある程度価格戦略でバランスを取る
必要に迫られるかも知れない。



鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ