トップ

鎌田ノート

2018年3月

 

本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

■1.山下弘子さんの死に思う

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年03月26日

-----------------------------------------------------------------
関東は一気に桜が咲き始めました。しかも、ものすごいス
ピードで、金曜日にはまだ蕾だったのに、土曜日には満開
近くにまで。遅々として春が来ないことに苛ついていたが
嘘のようです。北国はまだまだ春は遠いかもしれないが、
それとて時間の問題です。冬来たば春遠からず!
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.山下弘子さんの死に思う


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.山下弘子さんの死に思う

皆さんも保険のコマーシャルでご存知でしょう。
山下弘子さんが静かに25歳でこの世にお別れしました。

19歳で膵臓癌の病に襲われて、
余命半年の宣告を受けました。

その彼女の屈託無い笑顔に私は、
「単純にすごいなぁ」と思ったものです。

人は自分が死ぬことを現実に受け止めることは
なかなかできないものです。

たしかに死はいつかは誰にでも訪れると皆思ってはいます。
でもそれは遥か先の話だと。

実は今を盛りに咲く桜、
この世であと何回見れるかと思うと
100回はないのです。

彼女の生き方から学ぶとするならば
「今を生きる」ことの大事さだと思うのです。

今の先に未来がある。

死を意識した人が考える究極の選択なのでしょうか。
彼女は様々な治療法にチャレンジしながらも、
「今を生きること」に集中していたのかもしれません。

それは単に楽しく生きることだけでなく、
掛け替えのない人を愛することで、
心穏やかに生きることも、
今を生きることなのだと思うのです。

生きてること自体に感謝する。

生かされてることに感謝する。

彼女は一番よく知っていたに違いないと思います。

彼女の死から「今を生きること」を
再度考えてみようと思います。


 

■1.コーチの重要性

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年03月19日

-----------------------------------------------------------------
関東の桜の開花が発表されました。平年より9日早く、昨年
より4日早く、1953年以来3番目に早い開花だそうです。
そしてあっという間にコブシの花が一斉に咲き始めました。
春の訪れは縮んだ人々の心を解放します。そして不可能だっ
たことや問題も解決しそうな気がするのは、春のお陰だと思
うのは勘ぐり過ぎかな?
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.コーチの重要性


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.コーチの重要性

大坂なおみはプロテニスプレイヤー。
サーシャ・ベンジンは、そう、大坂なおみの新コーチ。

セレナ、ウォズニアッキ、アザレンカなどの
トッププレイヤーのヒッティングコーチをしていたと言う。

彼の指導方法は昨今話題なっている

選手の良いところ徹底して褒める。
そして潜在的な能力を引き出す。
それが自信となり、安定したプレーが出来るのだ。

ディズニーの指導方法と共通している。

結果を見て至らないところを直ぐに指摘するのではなく、
まずは良いところを指摘する。

そして正すべきところは
「こうすればさらに良くなるよ」と伝える。

「さらに良くなる」
とっても良い響きに聞こえるのは私だけかな。

言われる側の心理をよく考えられた指導方法だと思う。


「ここを直せばさらに良くなる」
どうぞご参考に!

 

■1.死後の世界

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年03月12日

-----------------------------------------------------------------
3月も半ばとなりました。日に日に朝が早くなるのを実感と
してわかるようになりました。そんな事に気がつくと少し嬉
しくなる自分がいたりして。不思議なものです。結局は
人は自然と共に存在するものだなと思ってしまいます。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.死後の世界


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.死後の世界

「プルーフ・オブ・ヘヴン」(エベン・アレグザンダー著と)
いう本を読みました。

脳神経外科医である彼が実体験から
死後の世界は実際にあると確信したと言う内容です。

彼は魂とか霊とか信じない
科学的なものだけを信頼していただけに
センセーショナルに取り上げられたのだそうです。

一方、シーン・キャロル教授は物理学者。
彼は物理学的には死後の世界は無いと断言しています。

これらの論争は結論がまだ出ていない
と言ってもいいでしょう。

たしかに臨死体験談は数多く語られています。
天国と地獄もあるかも知れないと!

でもそれは完全に死からの復活ではないのですから、
これまた確信が持てないでいるのです。

私は思うのです。

こんな論議は時間の無駄なような気がすると。

一番確実なのは、今この生きてる現実世界。

今、この瞬間こそが大事なのだと。
天国と地獄はこの現実世界に既に存在する。
幸せは天国!
不幸は地獄!

しかもそれは常に行ったり来たりすると言う。

死後の世界にも地獄はあるけれど
心の浄化をする事で天国に近づけるとも言う。

私見は「今を生きる」に集中するしかない。

死後の世界を思い煩っても仕方ない。


「ありがとう」の数だけ幸せになる!



 

■1.上海ディズニーを楽しんできました

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2018年03月05日

-----------------------------------------------------------------
随分と日が長くなりました。朝の6時ごろには明るくなって、
時間感覚が狂います。道端の水仙もグングン空に向かって伸び
ています。早咲きの桜の便りも各地から届いていますよ。
ディズニーランドには3種類の桜があって、もう既に満開の
桜もトゥーンタウンにあるんだそうです。
今年の春を楽しみたいものです。

-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.上海ディズニーを楽しんできました


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.上海ディズニーを楽しんできました

オープン以来3回目の上海ディズニーを楽しんできました。

オープン当初はネガティブな報道が流されていたのは
みなさんの記憶にも残ってるでしょう。

たしかに最初は運営に不慣れなキャストや、
ディズニーの楽しみ方を分からないゲストが多かった
ことなどで格好のメディアの餌食になってました。

現状からすると、そうした滑稽な状況は
ほとんど見られなくなりました。

アトラクションの出来栄えは斬新ですし、
ゆったりした空間設計は、
国土の広さからくるようなおおらかさを感じられます。
ま、そのせいもあって少々疲れたりはしますがね。

私見ですがベスト3のアトラクションをあげるとすれば、
「カリブの海賊」「ソアリン」「トロン」でしょうか!

彼らの合理性を感じたのは子供の料金設定です。
100センチ以下は年齢に関係なく無料なんです。
つまり、実年齢よりはアトラクションを楽しめる
身長で区別しているのです。

ただ問題も多くありました。
アトラクションのキューラインが
固定化されている場合が多いので
待ち時間がなくても、迷路のようなキューラインを
長々と歩かなければならない。

キューラインを変更するのには、キャストの労力が
必要とはされますが、ゲストファーストとは程遠いものです。

キャストはまだまだ笑顔が足りなかったような気がします。
それはゲストにも言えました。
オープンしてまだ日が浅いので仕方ない事かもしれません。

それでもパレードを見ているゲストは、
自然に笑顔になっていました。

その笑顔に少し救われた感じをもったのは
私だけではなかったでしょう。



鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ