トップ

鎌田ノート

■1.企業文化は習慣の表れ / ■2.CS向上セミナー公開コース<9月>募集中です

 

本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

■1.企業文化は習慣の表れ / ■2.CS向上セミナー公開コース<9月>募集中です

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2017年08月07日

-----------------------------------------------------------------
今年初めての台風上陸!コースにあたる地域の皆さんは充分に
御注意下さい。今年は各地で局地的、且つ想定外の雨量で
被害が多くなっています。優しい雨はどこかに行ってしまい、
限りなく亜熱帯的な気候になってると感じるのは私だけで
しょうか。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.企業文化は習慣の表れ
■2.CS向上セミナー公開コース<9月>募集中です


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.企業文化は習慣の表れ

仕事の関係上、多くの企業様に触れ合います。

その時、強く感じるのはその企業独特の匂いです。
空気感さえ違って感じる。

長年お世話になった航空会社での経験だが、
一般のお客様と一緒にエレベーターに乗るとき、
先ずはお客様を先にエレベーターに案内する。
そして最後に自分達がエレベーターに乗る。
それが判で押したように毎回のことなのだ!
もっとも数社が同じビルに入居してる場合は
なかなか難しいとは思うが、
そのビルが自社ビルであれば
来客者がどうかは一目で分かるはず。

最近はゲストと分かるように
首から名札をかけてるから余計にそれと分かる。

なのに、我先にと社員が無言のまま
エレベーターに乗る会社は数多くある。

何気ない日常のオフィスビルの光景ではあるが、
その会社の躾の度合いが分かるってなものだ。

私なら社員には外来者に対しては
敬意をもって対応しなさいと言いたい。

そうした会社は組織文化においても、
上司と部下の関係も良好であると思いたいのだ。

組織がギクシャクしていたなら、来客に対しても
礼節をもって対応することは出来ないはずだ。

私の経験上、来客者を優先してエレベーターに
乗ってもらう習慣を持ち合わせてる会社は少ない。

だからこそ、こうした何気ないおもてなしを習慣化したら、
きっと来客者に好感を持ってもらえるに違いないのだ。

※すでにエレベーターを操作する人が乗り込んでいる場合



■2.CS向上セミナー公開コース<9月>募集中です


会場はシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルです。
東京湾を一望する素晴らしい眺めの会場で、
クッキーやチョコレートをつまみながら
リラックスした雰囲気で過ごせます。

日常を離れ、新しい視線で自分の仕事について
じっくりと考える時間が持てます。
きっと新しい目標や、働き甲斐が見つかります。

≪≪≪ 宿泊はついておりません! ≫≫≫
 

担当講師: 鎌田 洋(かまた ひろし)

日  時: 2017年9月25日(月)・26日(火) 
      1日目 10:00~18:00 2日目 9:00~17:00

受講料: 64,800円(税込)

・テキスト
・2日分(25日.26日)の昼食
・パークチケット代
 以上が料金に含まれています。

※宿泊はついておりません。

会  場: シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 

定  員: 36名


※定員に達しましたら募集を締め切らせていただきます。
※詳細はホームページをご覧ください。
http://www.visionaryjapan.com/schedule/2017/06/29_csin.html



鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ