トップ

鎌田ノート

2017年5月

 

本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

■1.本を読む ■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2017年05月29日

-----------------------------------------------------------------
それにしても、水が余るほどあるのに「水無月」とは?この
「無」は「の」と言う意味ですからまさに水の月なんですね。
神無月の「無」と一緒だと思われます。雨の季節は必ずしも
うっとうしいとは思わず、雨だれの音、蛙の鳴き声を楽しむ
余裕を持ちたいですね。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.本を読む

■2.メールマガジン配信終了のおしらせ


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.本を読む

本の効用をあらためて考える。

現代人は本を買わないし、
読む機会も自ら積極的に作ろうとはしない。
その結果、どんな弊害が生じるだろうか。

本は言葉の意味を理解すると同時に
想像力を働かす効果がある。

つまり、本を読まないことで
人間の特性である想像力が失われる。

次に本を通じて知識を得ることで
新しい世界に触れることができる。
その機会を逃すことは自分の
人生の枠を狭いものにしてしまう。

本は人間の特性をより助長するものだと言える。
だからと言ってむやみに強迫的に本を読め
とは言いたくはない。

人は何かしら心の奥底から希求する
熱い想いが湧いてきた時に無性に本を読みたくなる。
そんな時にまさに運命的に良書に出会うことになる。
それはまさに人生における幸運そのものなのだ!

もしかしたらどんな宝くじに当たるよりも
最高の幸運なのだ!

自分の人生の師となり、
生きる上での指針となるのだから!

良書に出会うのに大切なことは
常に幸せの探求者であることであると確信する。





■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。
長年にわたってメールマガジンを配信してまいりましたが
本日(2017年5月29日(月))の配信を持ちまして
メールマガジンの配信を終了させていただきます。

今後も「ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記」の更新は
今まで通り週1回のペースで継続させていただきます。

更新のお知らせは「ツイッター」と
「Ameba(アメーバ)ブログ」でさせていただきます。

鎌田の洋の「Twitter(ツイッター)」
鎌田洋の「アメブロ(Ameba(アメーバブログ)」は

こちらのページからご確認ください。
  ↓


 

■1.さりげない優しさ  / ■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2017年05月22日

-----------------------------------------------------------------
このところ真夏のような暑さが続いていますね。光化学スモッ
グは以前よりはニュースにはなりませんが、相変わらず熱中症
は話題になります。特に高齢者には危険な季節になります。な
んでも遠い未来には日本は亜熱帯気候にるんですって!関東で
はバナナ栽培が始まってるらしいですよ!
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.さりげない優しさ

■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.さりげない優しさ

不思議なことに人は小さな親切にことのほか感激するらしい。

先日、上海ディズニーを訪れた時の
エピソードを話しましょう。

ホテルとパークを結ぶシャトルバスに乗った時のこと。
ベビーカーを引いて降りようとしたお母さん、
バスと地上との差があるので少し躊躇していました。
すると日本人の2人連れの若いお嬢さんの1人が
さりげなくベビーカーの後ろの車輪に手をかけて
スムーズに降ろしてくれてのです。

そうしたらそのお母さんは中国人で、
片言の日本語で「あなた日本人?ありがとう!」って
言ったのを聞いたのです。

この中国人がなぜ、日本人?っと聞いたのか
理由を知りたかったけれど、
小さな親切は国の違いは関係なく
人に感謝の気持ちを持たせるんだなと思ったものです。

その中国人は日本に来たことが
あるのではないかと思いました。

海外でそんな日本人に出会え、
またこの中国人の言葉を聞いて嬉しくなったのです。

小さなさりげない親切はまさに
「おもてなし」の精神そのものです。

サービス業に携わるスタッフも
1人ひとりがさりげない親切を実践したら
お互いにハッピーになれそうです。





■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。
長年にわたってメールマガジンを配信してまいりましたが
2017年5月29日(月)の配信を持ちまして
メールマガジンの配信を終了させていただきます。

今後も「ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記」の更新は
今まで通り週1回のペースで継続させていただきます。

更新のお知らせは「ツイッター」と
「Ameba(アメーバ)ブログ」でさせていただきます。



 

■1.原点を忘れるな  / ■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2017年05月15日

-----------------------------------------------------------------
寒暖差のせいか、風邪を引く人が多くなってます。そう言う
私も実は風邪に見舞われ、喉の調子が数日良くありません。
季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますね。皆さんも、
体調管理には充分配慮してくださいね。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.原点を忘れるな

■2.メールマガジン配信終了のおしらせ


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.原点を忘れるな

今日のブログは少し厳しい内容になります。

前回のブログをお読みになった方には、
なるほどと思う内容かも知れません。

「有名店が陥る罠」と言うタイトルでした。

実はとある調査の結果に愕然としたのです。
公益財団法人日本生産性本部
・サービス産業生産性協議会が発表した
2016度JCSI(日本版顧客満足度指数)年間発表があり、
東京ディズニーリゾートが2015年度11位だった順位が
27位まで大幅下落するという結果になったのです。

その原因をアナリストらが分析しています。
値上げ、混雑、などなど、あたらずも遠からず、
ではありますが、根はもっと深いところにあると思うのです。

ずいぶん前に組織改正があり、
CS推進部なるものを創設したのです。

そんなものを作る事自体アホの極みだと思いました。

ディズニーにはディズニーユニバーシティなる組織があり、
一般の企業にはないユニークな存在で
ディズニーらしさを演出する特筆すべき組織なのです。

教育はもちろんのこと、モチベーションマネジメントを
一手に統括する組織なのです。

そんな組織があるにもかかわらず
敢えてCS推進部を作る意味がわからない。

これじゃ一般企業並みになるだけ!

ホームページを拝見すれば、
いつの間にかカストーディアルの名前の組織はなくなり、
とある部門の中に隠れた存在に!
これにも悲しい思いになったものです。

全ては経営のパラダイムのなせる事。
効率優先、利益優先
(利益獲得を否定するものではありませんが)
のパラダイムの結果です。


自社のホームページのミッションに立ち戻ってほしい。

「自由でみずみずしい発想を原動力に
     すばらしい夢と感動
      ひととしての喜び
    そしてやすらぎを提供します。」


今の彼らの作り出すエンターテイメントは
あまりに効率優先で人を排除し、映像に頼りすぎ!

ディズニーの想い
「We create happiness!」

目的と手段を取り違えた結果、
ユニークな存在を目指すことより、
一般の企業の凡庸な価値観に偏向した事が
大きな原因だと思わざるを得ないのです。

経営のパラダイムこそがその企業の明暗を決定付けるのです。

社員の中に声高らかに「原点回帰」を叫ぶ
勇者が現れる事を切に願うのです。

でなければTOSHIBAの二の舞いになる!

会社批判は私の本意ではないが、
ディズニーを愛するが故に止むに止まれぬ想いで書きました。





■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。
長年にわたってメールマガジンを配信してまいりましたが
2017年5月29日(月)の配信を持ちまして
メールマガジンの配信を終了させていただきます。

今後も「ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記」の更新は
今まで通り週1回のペースで継続させていただきます。

更新のお知らせは「ツイッター」と「フェイスブック」で
させていただきます。


 

■1.有名店が陥る罠 / ■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2017年05月08日

-----------------------------------------------------------------
ゴールデンウィークはあっという間に終わりました!海、山、
神社仏閣、観光地に人々が繰り出しました。海外旅行にも多
くの人が出かけましたね!いつもながらメデイアは混雑ぶりを
毎日のようにニュースとして取り上げます。人は不思議なこ
とに皆が動く方向に動く性癖があるらしいのです。安心領域
にいたいと思うのは「人の常」「世の常」なんですね。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.有名店が陥る罠

■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.有名店が陥る罠

テレビや雑誌で紹介されるグルメ店、
全てのお店の質が良いかというと
そうでもなかったりしてガッカリという事は、
皆さん一度や二度は経験されてるのではないでしょうか。

歴史もあり、こだわりの食材や
秘伝の料理方法があったはずなのに、
期待を裏切る商品になってしまったのでしょうか。

原因は色々ありますが、大きく二つの要因が考えられます。

第一は「奢り」
人気店になると謙虚さは失われ、
いつしか従業員も人を人として
もてなすことを忘れてしまう。
行列を見て、慢心する。努力をしなくなる。

第二は後継者が「アホ」
有名店の二代目、三代目は不思議に経営の勉強に励みだす。
売り上げや利益に目が行きはじめる。
そして様々な経営セミナーにせっせと足を運ぶことになる。
勉強するのを否定はしないのだが
肝心の顧客応対と自分たちの商品の質を
よくすることをついつい忘れてしまうのだ。

私達家族が昔から懇意にしていた焼肉屋さんがあります。
初代から二代目に変わってしばらくしたら
徐々におかしくなってきました。

効率がやたらに目立ち始めました。
無料だったものが有料に...
「野菜が高騰したから」と言う理由だったのに
価格が落ち着いても有料のまま。
肉の質も悪くなり、鎌田ファミリーから信頼を無くし、
忘れられる存在になりました。

思い起こして欲しいのだ!
「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」
                キングスレイ・ウォード

ハーバードの学生と田舎で超人気のハンバーガー屋を
営む父親とのエピソード!





■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。
長年にわたってメールマガジンを配信してまいりましたが
2017年5月29日(月)の配信を持ちまして
メールマガジンの配信を終了させていただきます。

今後も「ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記」の更新は
今まで通り週1回のペースで継続させていただきます。

更新のお知らせは「ツイッター」と「フェイスブック」で
させていただきます。


 

■1.人を惹きつけてやまないディズニー  / ■2.メールマガジン配信終了のおしらせ

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2017年05月01日

-----------------------------------------------------------------
ゴールデンウィークも始まり、世間は春の陽気に誘われて
一斉に外に出かける人で賑わいます。不思議なことに家で
読書などしようものなら、なぜか1人取り残された感じに
襲われるのです。人は孤独を愛しながらも群れる生き物なの
でしょうか。
-----------------------------------------------------------------

∽∽∽---- index ------------------------------------------∽∽∽


■1.人を惹きつけてやまないディズニー

■2.メールマガジン配信終了のおしらせ


∽∽∽-----------------------------------------------------∽∽∽


■1.人を惹きつけてやまないディズニー

日本に東京ディズニーランドが誕生した時、
いやいやそれよりも遥か昔、
およそ63年前にディズニーランドがこの世に誕生し、
人々の心を虜にした事は歴史に残るものでした。

心を引き付けたものは何か?

まさに、これまでになかった新しいテクニカルを
駆使した驚きの感情でした。

その後にディズニー社が開発した
様々なエンターテイメントは人々に
多くの感動を提供してきました。

魅惑のチキルームは初めてのオーディオアニマトロニクス。
これはレガシーとしていまだに健在です。

今では当たり前になった3D(キャプテンEO)は
人々に新しい時代を感じさせました。

またTDL(東京ディズニーランド)に誕生した
ハニーハントは蜂蜜の匂いまで演出する画期的なものでした。
最近、映画館で4Dなる劇場も現れましたが、
それは既にディズニーでは当たり前のものでした。

しかし、最近は個人的には特別の驚きを感じさせるような
技術的革新は無かったと思っています。
プロジェクションマッピングも既にどこかで
実現されているものでした。

これでもか、これでもかとグイグイ人々の心を
虜にしてしまうディズニーのアトラクションに出会いました。
それは上海ディズニーの「Pirates of the Caribbean 」!

まさにワクワクの極地そのもの!
スケール感、迫力、予測つかない動き、
驚きはディズニーの原点!

虜になった私はもう既にこの一年で6回も
体験してしまいました。

さらに付け加えるならトモローランドは
未来感覚のデザインも素晴らしかった。

心臓に自信のある方は「トロン」に挑戦
してみたらいかがでしょう!

手荷物はロッカーに預けるのが必須という事は
かなり激しい動きが予想されますね!
映画の世界に入り込んだ錯覚にも襲われます!

ビジネスもワクワクの提供こそが発展の鍵になりますね。
ディズニー社は本気で上海ディズニーを作りました!





■2.メールマガジン配信終了のお知らせ

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。
長年にわたってメールマガジンを配信してまいりましたが
2017年5月29日(月)の配信を持ちまして
メールマガジンの配信を終了させていただきます。

今後も「ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記」の更新は
今まで通り週1回のペースで継続させていただきます。

更新のお知らせは「ツイッター」と「フェイスブック」で
させていただきます。



鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ