本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記

 

今年一年、ご愛読頂きありがとうございました

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年12月28日

-------------------------------------------------------------------
いよいよ、師走ももう残すところ僅かとなりました。各地で大雪の便りが
報告されて、交通にも大きな影響があるみたいです。
それでは今年最後のメルマガをお送り致します。
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.今年一年、ご愛読頂きありがとうございました


∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.今年一年、ご愛読頂きありがとうございました

今年一年も、本当に足早に時間が過ぎて行きました。
そして、今年ほど自然の恐ろしさを思い知らされたことは
なかったように思います。

新聞では今年一年の10大ニュースが報道されています。
皆さんにとっての心に残る出来事は何でしたでしょうか?

ちなみに、私自身にとってインパクトの大きかった事柄は次の5つです。


1.東日本大震災

  私自身が宮城県出身で、実家の家屋に被害はありませんでしたが
  親戚1名は未だに行方不明、3人の親戚の家は流失しています。
  さらには、停電のために灯していたろうそくが原因で、
  自宅を全焼し命を落とした親戚もいました。
  多くの命を失い、多くの悲しみをもたらしました。

  しかし、同時に「絆」という暖かさを新たに思い起こす事にもなりました。
    
  被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  また、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


2.本の出版

  「ディズニー そうじの神様がおしえてくれたこと」を世に出しました。
  多くの人々に働く事の意味を問いかけました。
  今まで、語ることに注力して参りましたが、
  読者の皆様から頂くコメントに勇気をいただきました。
  書籍として著すことの必要性を実感しました。
  
  出版の為にご尽力いただきました皆様にも感謝いたします。
  本当にありがとうございます。


3.父の最後の兄弟(叔父)が亡くなった

  愛妻が亡くなって2日後に、後を追うように他界しました。
  95歳でした。昨年の父の葬儀には元気でいたのに・・・
  これまで以上に健康に留意して、
  家族や親戚一同の心のよりどころになれるよう
  元気で長生きをしなければいけないと思い、
  初めて本格的な人間ドックを受診することにしました。  



4.関西地区でのビジネス拡大

  大阪で実施した公開コースは、
  3回全ての回を満席で開催することができました。
  集客では大変お世話になりました。
  
  そして、新しいお客様との出会いもありました。
  皆様にいただいたご縁を大切にし、
  より一層深めさせていただけるよう努力してまいります。
  今年も、ヴィジョナリー・ジャパンに出会いのきっかけをいただき
  本当にありがとうございます。
   


5.竹馬の友との誓い
  仙台に住む友人は幼い頃からの心の友!
  久しぶりに酒を交わし、お互いに弔辞を交わす事を誓い合った!
  ずっと親友でいてくれてありがとう!  



皆さんにとって来年が素晴らしい年になることをお祈りして、
今年最後のメルマガとします。
来年も引き続き宜しくお願いします。
小生も多くの皆さんに感動をお届けできるように精進します。

 

人は何を信ずるべきか/ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年12月21日

-------------------------------------------------------------------
本当に本当に師走ですね。あっという間の1年間でした。
振り返って見れば、激動の1年でした。最初から最後まで・・・・
締めくくりに何かもっと大きな事が起きなければいいのですが!
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.人は何を信ずるべきか


■2.「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」


∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.人は何を信ずるべきか

人間にとって、本とかブログでとっても素晴らしい事を書いていても、
実際にその通りかと言えば、必ずしもそうでないことの方が多いと
思っているのは私だけでしょうか?

ドラッカーさんの言葉にはそれなりに合点がいくことが数多くあります。
特に私が心に残る言葉は「真摯さ」という言葉です。
真摯さの理解はそれぞれ人によって違いはあるとは思いますが、
簡単に言えば「誠実」という風に私は理解しているのです。

言っていることとやっていることが一致していることが
誠実であるならば本で書いてあることの趣旨と
自分の実際の行動が一致していないのは不誠実と思うのです。

確かに生身の人間ですから、時として弱い自分がいて、
自己背信する事もあります。
大事なのは誠実であろうという姿勢だと思うのです。


中途半端な仕事や、
やっつけ仕事を平気で行うことほど不誠実な事はないのです。


能力のある人間もいれば、そうでない普通の人もいます。
私が人を見る時のポイントは能力だけではありません。
それ以上の大事な資質、誠実さです。


一生懸命さが無いのは「一番悲しい事」です。


人に感動を与えるのはドラマの世界であれ、
ドキュメントの世界であれ、共通点は一生懸命なひたむきさです。
純粋に人を愛すること、ひたすらに自分を磨く人、
精一杯努力する姿に人は感動するのです。

最近、特にそう思うです。





■2.「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」

是非、お正月にお読み下さい。心の浄化のためにも・・・・・
人は仕事によって自分らしさを取り戻し、自分で、幸せ、を取りに行きます。
心の持ちようで随分と仕事の意味が違ってくるものです。

今の仕事に不満を持っている方、
もう一度、あなたのお客様を考えて、
その方に出来る事を考えて見たら如何でしょう。

たった、一度の人生をかけがえのないものと思い、
今からでも遅くはありません、
一生懸命に生きていくならば、
きっときっと、素晴らしい未来が待っています。

そんな気分になる本だと自負します。
 

facebookについて/ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年12月14日

-------------------------------------------------------------------
皆さん、皆既月食はご覧になりましか?人類がこの世に誕生する前から
この自然現象は繰り返されてきたのでしょう。そう思ってみると感慨深い
ものがありますね。師走も半ばを過ぎようとしています。ほんとに急かされ
る感じですね。そんな気分もなぜか愛おしく感じるのは年のせいでしょうか。
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.facebookについて


■2.ビジネスマンの父より息子への30通の手紙


∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.facebookについて

最近、私も 「facebook 」 にはまっているのです。
と、いっても熱烈にというわけではありません。ほどほどにです。

それにしても、よく昔の知人から思いもかけず友達リクエストが来るのです。
これにはびっくりします。

昔、お世話になった旅行代理店の元社長さんがいます。
すでに退任され、今はとある大学で教鞭をとっているそうです。
私がfacebookを始めた途端にメッセージを頂いたのです。
本当に驚きました。

国内のホテルから海外のホテルに転職し、音信不通になっていた方からも、
なんと先日、友達リクエストが来たのです。
ミクシーで 「 ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと 」 が話題に
なっているのを知り、検索をかけて私の著書だと知ったというのです。

もし、facebookをやっていなければ、その機会は無かったのです。

確かに全てのものには功罪半ばがあります。
でも、その良さを認識することによって活かす事も出来ると思うのです。
1年以上も放置していたfacebookですが、食わず嫌いの私に反省でした。





■2.ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

最近、改めてこの本を読んでみました。
随分前に読んだものですが、文庫本になったのは平成6年でした。
今、読み返しても合点のいく内容に驚いています。

これって、結局は原則的なものであり、
だれも反論の余地のないものでもあります。
本に何かを著わすのであれば、
そうした内容でなければいけないと思うのです。

一時の流行で売れるのではなく、
その後も隠れたベストセラーになるようなものを書きたいものです。
次回の本はそのような内容にしたいと固く決意しました。


 「 ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 」 皆さんにお勧めいたします。

もう一冊、お勧めの本は 「 Good Luck 」 です。
これは120ページの薄い本ですが、内容はかなり濃いものです。
すでに120万部売れています。
初版は2004年です。
本当に隠れたベストセラーです。これも是非お奨めです。




 

「若者の車離れ」の原因

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年12月07日

-------------------------------------------------------------------
いよいよ師走となりました。先生が駆けずり回るぐらいに忙しい月なので
しょう。それにしても早い一年でした。あの大震災もあり、首相も交代する
など。世界に目を向ければヨーロッパの経済不安、企業に目を向ければ
オリンパス問題やらアメリカン航空の破綻もありました。
本当に波乱に富んだ一年でもありました。でも、まだ年が明けるまでは
日数がありますから、何があるかわかりませんね。
どうか穏やかな日々が続いてもらいたいものです。
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.「若者の車離れ」の原因


∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.「若者の車離れ」の原因


今朝のヤフーニュースで、国内自動車メーカー8社のウェブ担当者が、
初めての共同プロジェクト「Deive Japan」を立ち上げたことを知りました。

業界初めての横断的なプロジェクトと言う事にも少なからず
驚きを覚えましたが、今になって初めてかよ!ってな感じです。

目的は「若者の車離れ」と呼ばれるような業界全体の問題を中心に、
ソーシャルメディア上でユーザーとともに考えていくと言う事らしいのです。
確かに良いことではあります。
でも問題の捉え方があまりにも短絡的過ぎると思うのは
私だけでしょうか?

国産車に魅力がない!これも一理あります。
国民こぞって、ミニバンブームに乗りました。
そして今はエコカーです。
実用本位になっています。
カラーもしかりで白か黒か鼠色です。

まだまだ原因がありそうです。
雇用の問題です。

安い人件費を求めてメーカーが国外に飛び出してしまいました。
産業の空洞化も大きな要因です。
つまり雇用の場が少なくなったのです。
働く場が無ければお金を稼ぐ機会が減少します。
国内ではサービス業は相も変わらず、
浮き沈みの激しい競争の波にさらされています。
デフレの状況下にあっては価格にもインパクトが及びます。
当然ながら人件費のコストカットに走ります。
正社員化は企業の業績に直、影響します。
柔軟な人件費カットのためにはアルバイト化するのは自明です。
だから「9割のバイト・・・・」の本が馬鹿売れするのです。


また、若者の働く場は地方にはなくなり、都会に出ざるを得ません。
そこで働く場があっても、アルバイトや派遣になって生計を立てるのです。
そんな若者に車を買うだけの勇気があるでしょうか!
維持費を払えません。
都会の駐車場の馬鹿高いのに車庫証明なんか取れるわけありません。
車を所有していれば自動車税や保険などの固定費が掛かるわけです。
彼らの未来は明るいでしょうか!

年金もどうなるかわからない、未来ビジョンが描けない国にあって
結婚にも踏み切れないのです。
ましてや車を買う気にはなれないでしょう。

さらには30年前と価値観が変わっていることにも注目したいです。
彼らの楽しみ方がインターネットや個人ゲーム
によって変化してきているのです。

このように車離れの原因はメーカー自身が作っていると言っても
よいかも知れません。

メーカーだけではありません。サービス業全体にも言えます。
日本の企業の目指すべき方向性が狂っているのです。
国民を幸せにするのではなく、自社の業績を良くする方向にだけ
集中している事も大きな原因なのです。

人々のために、という理念をもっているならば、
雇用のシステムのあり方を変える方向にいかなればなりません。

アルバイトやパート、派遣社員にだけに、
コスト削減の視点をもつのではでなく、
彼らに(特にフルタイマーで生計を立てている人々)
自立できるだけの賃金を払うようにしなければなりません。

もし、それでは世界と戦えないと言うのであるならば、
世界で戦うだけの知恵とソフトを創出して、
新しい商品価値を創る事です。

でなければ日本中が貧困になります。
それだけの資質を日本人は有していると思うのは
思い上がりでしょうか!

以上 雑感です。
 

大阪維新の会の躍進/スペインの若者失業率

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年11月30日

-------------------------------------------------------------------
思いの外暖かい日が続いています。でもこれで油断すると、とんでもない
ことになります。私たちにとって気まぐれと映る自然ですが、これも何かの
法則が働いているのは間違いないのでしょう。ただ、現在の人間の能力
では解明できないでいるだけのことです。
ところでビックリするニュースが飛び込んできました。あのアメリカ第二の
航空会社アメリカン航空が更正法適用になりました。恐ろしい事です。
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.大阪維新の会の躍進


■2.スペインの若者失業率


■3.「ディズニー そうじの神様教えてくれたこと」


∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.大阪維新の会の躍進

先日、大阪において府知事、大阪市長のダブル選挙がありました。
その結果については皆さんも既にご承知のことでしょう。
報道各局もこぞって維新の会の圧勝の凄さに集中して報道していました。

その中で印象に残ったのはNHKのニュースでした。
圧勝の要因は大阪都構想の内容はともかくも
(その詳細な内容が理解されているかに疑問)
橋下新市長の演説の巧みさが光っていたと言うのです。

確かに郵政民営化においては、小泉元首相のあの分かりやすい説法は
国民の支持を得る要因となったのです。
今回の橋本さんの演説も、時と場所に応じて分かりやすい言葉で
簡潔明瞭に訴えました。それに何より熱い思いが感じられました。
独裁を逆手にとっての説法も見事と言うしかありませんでした。

実はこれからのリーダーは、いかに自分の言葉で語ることが出来るか!
これがポイントだと思うのです。

当社のリーダー研修の中ではリーダーとして大事な事を学ぶだけでなく、
独自性「オレ流」のプレゼンテーションの実践練習を取り入れていれています。
それは、自分の考えをまとめる概念化能力向上を図る上でも
大事な事だと思うのです。

人は心のスイッチが入って初めて行動に移ります。
まさに橋下さんの説法は、大阪の人々の心のスイッチを
新しい変革に入れたのでしょう。

でも彼はこの勝利はスタートラインであるという事も忘れてはいませんでした。





■2.スペインの若者失業率

欧州の財政危機は世界中の人々を不安に陥れています。
私はスペインの失業率を知って愕然としたのです。
16歳から24歳までの若者の失業率が、
なんと45%にも達しているというのです。

これって、未来がないと思いません?
若者の購買力が無いということです。
色んなものに好奇心があってお金を使いたい年頃なのに・・・。
彼らには好奇心を満たすだけのお金がないのです。

こんな状況下でどうして経済が発展するでしょうか。
こうした状況をもたらす根本的な原因は、
利益至上主義のグローバルな氾濫です。

コスト削減によってのみ利益を上げられないという制限パラダイムに陥って、
長い目での人類へ貢献という原則パラダイムを見失った結果です。

こういう世界をどう表現すればいいのでしょう。
人件費をコストと見るか投資と見るか、
そのパラダイムによって企業の姿勢が決まります。

アルバイトを戦力にしていく姿勢はよく理解は出来ますが、
あまりに度が過ぎると単なる企業のエゴになるということです。
何事もバランスが大事だと思うのです。




■3.「ディズニー そうじの神様教えてくれたこと」

お蔭様で、絶好調に売れています。
4版によって多くの書店さんの書棚にも置かれるようになりました。
TwitterやFaceBookによって読者から嬉しいコメントが多数寄せられています。
是非皆さんも手にとってお読み頂ければ幸いです。

ディズニーのノウハウ本は数多く出版されています。
本著はその逆でノウハウよりは「感動」をベースに書き上げたものです。



 

やはり、不思議で仕方ない事

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年11月24日

-------------------------------------------------------------------
初霜の便りが各地から聞かれるようになりました。街にはクリスマスの
イルミネーションが始まりました。季節の移りがコアマーシャルリズムに
乗っかって年々早まっています。
時間が圧縮されそうでプレッシャーを感じます。
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.やはり、不思議で仕方ない事


∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.やはり、不思議で仕方ない事

これまで、何度か「私がどうしても合点のいかない事」を書いてきました。
本当にくだらない事と思うような事が私にとってはどうしても
合点がいかないのです。
それが時々、思い出されて夜も眠れなくなることがあります(笑)。

一番、合点がいかないことは、

何故自分中心に世界があるのか!

という事です。

何故、よりによって私の肉体に私がいるのか!
自分を中心に周りを見ている事が不思議なのです。

そうした中心は人間の数だけあるのでしょう。

つい先日世界の人口は70億を超えたと言います。
と、いうことは70億の中心があるという事です。

自分という意識が70億あるのです。
その自分と言う意識がそれぞれの肉体にあることが不思議なのです。

皆さんはその不思議さに気がついているのですか?
それともそんな事を考える事自体アホらしいことですか?

今、この瞬間に自分がいて意識がある。
この不思議さは死ぬまで続くのでしょうか・・・・・・

意識は何処かに繋がっているのでしょうか・・・・・




 

「9割」が花盛りですね(笑)

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年11月16日

-------------------------------------------------------------------
先週はあんなに小春日和で、暖かったのに、今週は打って変わって、
北関東では初霜の便りが来るようになりました。
世間ではTPPの問題で、なんだかんだと騒がしい様子!
国民が幸せになれるように考えて政治をしてもらいたいものです。
大事なのは明るい未来設計図です。
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.「9割」が花盛りですね(笑)



∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.「9割」が花盛りですね(笑)

アルバイトの教育に皆さん、かなり腐心している様子がわかります。
その手の本が売れていることから察することが出来ます。
それにしても多くの企業、特にサービス業においては
アルバイトに頼っている企業さんがかなり多いと言うこともわかります。

私が学生の頃(今から40年前)はアルバイトの中心は学生でした。
親元からの仕送りだけでは食べていけないので、
仕方なくのアルバイトでした。
それは今も変わらないのかも知れません。

大きく変わったのは企業の雇用のあり方です。
終身雇用の時代から、今は自分の条件にフィットする仕事なら
転職も厭わない、企業サイドから見れば育成するよりは
即戦力のスタッフの方が効率がいいのです。

人材の流動化が進んでいるの今の時代では、
正規社員の縮小化が進んでいます。

そう、効率優先の時代に入ってきました。
グルーバルな戦いに勝たなければならないし、
ましてや貿易摩擦にも対応しなければならず、
輸出先の国に工場を作り、雇用を創出して
その摩擦を和らげてきました。

さらに最近では安い人件費コストを求めて
企業は全世界をさまよっています。
止むに止まれぬ経営戦略です。よくよく理解できます。


さて、話を戻します。9割に惚れて本を読んだ方は、
類い希なるディズニーの人材戦略に感心し、憧れ、
目標とするのは自明のことではあります。

でも、ここで冷静に考えて頂きたいのです。
多くのサービス業がアルバイト9割に頼って経営をし始めたら
どうなるかと言う問題です。

賃金格差が一段と大きくなり、日本の若者の購買力が
一段と下がってしまうことは誰でも想像出来ます。
少子化対策なんて一笑にふされます。

全てのスタッフを正規社員化する事を主張するつもりは
毛頭無いのですが、やはり、バランスが大事だと思うのです。
行き過ぎたアルバイト頼りは問題です。

一言付け加えるならば、ディズニーのキャスト教育は
実は入社してから始まるのではなく、
幼少の頃から、そして物心ついた時から始まっています。

そのあたりは別途お伝えしましょう・・・・・・。



 

自立という事/本の売れ行きが好調です

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年11月09日

-------------------------------------------------------------------
テニスの錦織圭君の活躍は凄いですね。最近の若者は両極端な感じが
します。世界に飛び出て、平気で凄い事を成し遂げる若者もいれば、全く
夢もやる気も失せてしまってる若者もいます。何で同じ人間なのにこうした
違いが出るのか研究したくなりました。
晩秋にもかかわらず、暖かい日が続いていたのですが、ようやく秋ら
しい寒さになってきました。ニューヨークでは季節外れの雪が降ったと言
います。今年の冬将軍には気をつけた方が良いかも知れませんね。
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.自立という事


■2.本の売れ行きが好調です


∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.自立という事

「自立」と言う言葉の意味は、「自分の足で立つ」と言う事ですから、
他人に頼らず自分の力で生きる、と言う理解で正しいでしょうか。

NHKスペシャルを見て、まさに感動の極みでした。
それは「自立」そのものでした。

馬場中山集落100戸の人々の自立魂に感激しました。

家族や親戚の何人かも亡くなって、さらに全ての船も、
わかめの養殖筏も全て流されてしまいました。
もちろん住む家も全壊です。

無力感に苛まれて茫然自失の状態でした。

一人のリーダー「歌津のクラさん」の想い、
この仲間を失いたくない!

このままでは散り散りばらばらになる。
国も町もあてにはならない、自分たちで一歩一歩前へ進もう!

そこで彼らはプロジェクトを立ち上げる。

高台移転
 山のプロジェクト

高台の道路を造るプロジェクト
 未来道プロジェクト

漁業復興プロジェクト
 なじょにかなるさープロジェクト
 「なじょにかなるさー」とは「何とかなるさ!」と言う意味です。

そして何より感動的な言葉は
「金持ちになるのも貧乏になるのも皆一緒!」
「みんな家族なんだ、離ればなれは悲しい、寂しい。」
何という素晴らしい絆の言葉でしょう。

便利な都会に住んでいても、このような魂を揺さぶる絆は
とうの昔に消えてしまった。

でも日本は捨てたもんじゃない!
全国各地からのボランティアからの暖かい支援も
彼らに希望を与えました。


馬場中山地区ホームページのURLです。
http://babanakayama.client.jp/





■2.本の売れ行きが好調です

皆さんのおかげで各方面から反響が寄せられています。
発売2週間で3万部に達しました!

アマゾンのカスタマーレビューの紹介です。

友人にすすめられて本書を手にしました。 
出張の帰りの新幹線で読み始めたのですが、
フィクションである「お話」とわかっていても 
涙があふれてしまい。相当怪しい乗客となってしまいました・・・。 
仕事の持つ意味・意義を見つめなおし「よーし、がんばってみるか!」
という思いにさせられる本です。 
年代、職種に関係なく多くの人にぜひ読んでいただきたいと感じました!

感想をお寄せいただきありがとうございます。

在庫が不足気味で書店さんや読者の皆さんにご迷惑をかけておりますが、
今週から少しずつ重版本が各地へ配本される予定です。
本当に有り難うございます。



 

ちょっといい話/心落ち着く時間をもちたい

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年11月02日

-------------------------------------------------------------------
昨日11月1日にお蔭様で13周年を迎えました。これからも引き続き、
ヴィジョナリー・ジャパンをよろしくお願いいたします。
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.ちょっといい話


■2.心落ち着く時間をもちたい


∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.ちょっといい話

先日いい話を聞かせていただきました。仕事柄、飛行機に乗る
機会が多いのですが、大型の飛行機よりも小型の飛行機の
CAさんの機内アナウンスが優しいなぁ~と、いつも思っていました。

紋切り型ではなく、私の心に優しく話しかけているような
そんな語り口に、かねてから好感をもっていました。

そんな時、まさにそうした小型飛行機で仕事をしている方とお話を
する機会があったのです。

そこでいつも私が好感をもっている機内アナウンスの事を話したら、
彼女曰く、「小型の飛行機では、直ぐ目の前にお客様がいるので、
どうしてもそのお客様に話しかけるようになってしまうのです。
その性かも知れませんね。」と言うのです。

なるほど~~~!合点です!しかも非常時の案内も身売り手振りの
ボディランゲージです。

大型の飛行機内では確かに、お客様から離れて
アナウンスをしていますね。
それからビデオで非常時の案内を紹介しています。

効率を求めれば仕方ない事かも知れませんが、
どうも温かみが感じられないのは私だけでしょうか!

35年前の初めての海外旅行で乗った飛行機の
CAさんの満面笑顔の非常時の案内がとても懐かしく思い出されました。





■2.心落ち着く時間をもちたい

人は、特に現代人は何故か貴重な時間を凄いスピードで食べているような
そんな気がしてなりません。

仕事や勉強だけでなく、お付き合いにも忙しいのです。
それはそれなりに充実していて良いのですが、
自戒を込めて言うと忙しいとは「心を亡くす」と書くわけでして・・・

そんな中で大事な事は精神的な活動時間をもつ事だと思うのです。

一人静かにワインを飲みながら読書する!
一人静かに自然の息づかいを感じる!
一人静かに日記をつける!
一人静かに名画を鑑賞する!
一人静かに映画に涙する!
一人静かに自分の心と向き合う!
一人静かにウォーキングする!

その時間をどうやって取り戻すか、これが問題です。
断る勇気をもつことでしょうか!
一人になる恐怖と決別することでしょうか!



 

新刊JPで書籍が紹介されました/少しの工夫が大きな差となる

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | 2011年10月19日

--------------------------------------------------------------------
大震災で何もかも失った人達が沢山いる。何の罪もないのに純朴で寡黙な
東北の人達に酷いことをしたものだよ!神も仏もありゃしないのだ。
理不尽が世の常と諸行無常の鐘がなろうとも、悔しい気持ちには変わりないのだ。
自然の猛威に今年は翻弄された1年だった。もう今年は沢山だ!
∽∽∽---- index ----------------------------------------------∽∽∽


■1.今年度最後の公開コース、残席4席です


■2.新刊JPで書籍が紹介されました。


■3.少しの工夫が大きな差となる


∽∽∽--------------------------------------------------------∽∽∽


■1.今年度最後の公開コース、残席4席です

私の渾身のセミナーです。人生と仕事の関係を一緒に考えましょう。
人の行動は動機付けがあって、初めてスイッチが入ります。
意志が弱くて、どうにもこうにも今の閉塞した気分が打破できない人は、
是非参加して欲しいと思います。

タイトルは「CS向上セミナー」です。
本来のCSの意味を深く一緒に考えましょう。
全てのゴールは自分の人生を有意義なものにしたいところにあるのです。

  「主体は我にあり!」 なのです。

自分の影響力を発揮し、人に感謝される人生ならば、
これほど素晴らしいものはありません。

あなた自身とあなたの組織の中心に「活力」の一滴を注いで見ませんか!

詳しくはお会いしてからお話しましょう。
会場はこれまで私のキャリアの中でもベスト3に入るものです!
事前に私も確認しております。是非お楽しみに!
今すぐ、電話か弊社ホームページ上から申し込みをして下さい。

その際、備考欄に「本日のメルマガを見ました。」と記入して下さい。
特典をお知らせいたします。それも合わせて楽しみにして下さい!

人の運命は出会いによって左右されます。その出会いは必然なのです。
「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」の主人公が、
アメリカ行きの飛行機の中で出会った老夫婦との出会いが、
彼の人生に大きな影響を与えたように!

また金田が師と仰ぐチャックさんとの出会いが、
今の彼の人生の土台になっていることから理解できます。



<< CS向上セミナー公開コースin東京(2日コース) >>

パーク体験付の楽しい研修です。4名様 お待ちしています。
お早めにお申し込みをお願いいたします。

日 時: 10月27日(木)・28日(金) 
      1日目 9:30~18:00 2日目 9:00~17:00
会 場: シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 

詳細は弊社ホームページをご覧ください。
URLはこちらです。
http://www.visionaryjapan.com/schedule/2011/08/23csin.html




■2.新刊JPで書籍の紹介がされました

「ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと」

書籍紹介サイトの新刊JPでキャンペーンが始まります。

10月20日(木)~10月31日(月)の期間限定で
【1】 シークレット音源プレゼント
【2】 著者サイン本プレゼント

著者インタビューでは、皆さんが気になる、
あんなことやこんなことにもバッチリお答えしました。

ちょっぴり立ち読みもできます。
書籍を購入いただいた方も、これからの方も、
ぜひ、新刊JPのサイトをご覧ください。

URLはこちらです。

 http://www.sinkan.jp/special/cleaning/index.html





■3.少しの工夫が大きな差となる

「顧客満足を向上させたい」と言う想いが
多くの企業の共通の課題になっている

昨今、CS担当者だけでなく経営陣までも真剣に取り組もうとしています。
ドラッカー本やジョブスの本が売れているのもその現れだと言えます。

でも、書かれている内容は、殆ど当たり前のことなのです。
成功している企業は、当たり前の事を愚直に実行してるだけなのです。

ディズニーもリッツ・カールトンも、マグドナルドもです。
その当たり前の事が何故出来ないのか?
その理由は一概にこれだ!とは言えないです。

企業によって体力も体質も違うから、よく診断しないことには拙速に
処方箋を出すことは出来ません。

難しく考えすぎていたり、或いは、経営陣の思いを経営企画の面々が
格好つけて、小難しい理論で話そうとしたりして、
翻訳機能が上手く働いていないことも一因です。
知恵の良さは宇宙人が話すようなカタカナ語では表現できないのですから。

この前の日曜日に「ガッチリマンデー」なるものを見ていたら、国道沿いで
儲かっている企業を紹介していました。
共通するのは車での来店するお客様のニーズをよく理解して成功している
と言うものでした。

例えば、福井から新潟の国道8号線に展開する「8番ラーメン」は
味の安心感と、駐車場の間隔を普通の飲食の駐車場よりも
少し広く線を引いたそうです。
2m70cm幅は他とは20cmばかりの差ではありますが、
来店者には好ましいのだそうです。それには私も合点です!

また、関東国道50号線沿いに展開する「山田うどん」は
大型トラックの運転手さんに狙いを定めて、
広い大型駐車場を設けているのだそうです。

手書き看板で売る外食「まいどおおきに食堂」は
店名にその土地の名前を入れています。
そして社長自らの不揃いで味のある文字で看板を書くのだそうです。
料理の中身は一緒でも地元の地名を使うことで親しみをもってもらう作戦です。
立地に対してもこだわりをもっているらしく、交差点手前ではなく、
その先に店を構えるのが良いのだそうです。
信号待ちで、その看板を見てもらえるチャンスがあるからです。
看板は生命線だと、その社長はおっしゃっていました。

国民が買う自転車の、10台中1台を売っている自転車屋。
国道1号線沿いに展開する自転車専門販売「自転車あさひ」です。
お客さんは自分の車に載せて買っていくのだそうです。
これほどミニバンが売れているのですから、なるほど、と思いました。
さらにはお客さんのニーズを即取り入れられるように、
自社製品の自転車も販売しているのだそうです。
メーカーに依頼していたのでは時間もコストも掛かるからです。

これらの事例は少しの工夫や思いつき、知恵を働かせた結果です。
小さな企業の小動き効果の面目躍如と言うところでしょうか!





鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ