トップ

当社の重要な視点

 

事業案内

変化へのきっかけづくり ~パラダイムシフト~

当社の重要な視点

当社のCS向上のアプローチは、従来行われているような単なる接客技術やスキルの向上を目指すだけでなく、それらを効果的に発揮するためのもっと根源的なものに視点を当てております。まさにCS向上におけるパラダイムシフトを提言するものです。
それらは以下の3つのポイントです。

パラダイムシフト

1.信頼の醸成(組織)

CSには組織文化そのものが反映されています。つまり、組織の習慣がお客さまの目の前に現れると言うことです。健全な組織文化の醸成こそが継続的にCSを向上させるカギとなるのです。木に例えるなら豊かな土壌があってこそ美しい花が咲き、美味しい実が成るというものです。
健全な組織文化とはお互いの人間関係の【信頼】によって生まれるものと確信しています。
信頼を醸成するにはどうすべきか、そのヒントを皆様に提供いたします。

2.主体性の喚起(個人)

組織は個人の集りであり、その個々人の強い意志が組織の活性化にはとても重要なのです。「笛吹けど踊らず」といった光景はよく見受けられますが、指示待ち現象の閉塞感を打破するためには個々人の【自立】【主体性】の喚起が大事です。
CSと自分の人生との繋がりに気付いてもらい、主体的な行動へと導きます。そこで決意されたことはどんなスキル・テクニックよりも強いものです。
また、決意を促すためのツールとしてモチベーションビデオの活用もおすすめしております。当社ではビデオの制作も行っており、リクルート、新入社員研修、CS研修等にご活用いただきこれまで多くの企業様から好評をいただいております。

3.継続多重(システム)

信頼と決意を生み出すことは一朝一夕に出来るものではありません。一過性のCS向上施策ではなく、継続的にかつ多重的に実施することで浸透するのです。
当たり前のことですが【継続は力なり】はCS向上の一番の近道です。長年にわたり教育現場で活躍経験のあるスタッフがおり、モチベーション向上の仕掛けのアイデアもふんだんに提供することができます。皆様にとって有益なヒントとなるでしょう。

  • お問い合わせフォーム
  • メールマガジンの購読

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ