トップ

スタッフブログ

クライアント紹介

 

ヴィジョナリー・ジャパン プレゼンツ

09
Feb

当社のプログラムを現在ご利用いただいている企業様からのご意見ご感想です。

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category お客様の声

株式会社小松屋 代表取締役 藤田 牧雄 様

(株)小松屋 代表取締役 藤田牧雄様

鎌田さんと出会ったのは、かれこれ14年前。
3日間のリーダーシップセミナーを受講したときの
ファシリテーターが鎌田さんでした。
私は、鎌田さんの人柄、考え方、そして生き様に感銘を受け
その日の内に、意気投合し、一緒に飲みに行かせて頂いてからの
お付き合いです。

鎌田さんのセミナーには、毎年数名の弊社のスタッフが
受講させて頂いております。
みんな、行く前と帰ってきてからでは大違い。
鎌田さんのお話から、自分が働いている意味、生き様、想いなど
数え切れないことを学んで帰ってくるのです。

そして何よりも鎌田さんを紹介した人、スタッフみんなが鎌田さんファン、
鎌田ファミリーになっていくのです。これも、鎌田さんの人柄でしょう。

これからも、スタッフ共々お世話になるつもりです。
どこまでも付いていきますのでこれからもよろしくお願いします。




全日本空輸株式会社 執行役員                               CS推進室長 兼 商品戦略室長 福田 哲郎 様



ヴィジョナリー・ジャパン社に委託して、弊社ANAグループ及び
協力企業の社員を対象に実施している「ANA全国CS推進セミナー」は、
今年で開始以来8年目を迎え、受講者の数は累計1万名近くにも上るが、
これは、弊社グループでの全ての研修の中で最大規模、
かつ最も息の長いロングランセミナーである。
 
このセミナーでは鎌田社長、徳 講師、上原講師から、
様々な事例をもとにCSが自らを研鑽し、
生きがいを生むことを受講生は学んでいく。
受講生のセミナー開始前の顔つきと、
終了後の全く違う明るい表情を見れば、
彼らの「このセミナーに参加できてよかった」という気持ちが、
アンケートなど見なくてもすぐに判る。
 
私自身、社会人になってから、多くの研修やセミナーを受講したが、
間違いなく、数少ない"ベストセミナー"のひとつ、と自信を持って言い切れる。





福井県済生会病院 経営企画課 中村 幸太郎 様


当院では、2007年よりヴィジョナリー・ジャパン様とCS・ESを向上させるために
いろんな活動に取り組んでおります。

特に、2009年度より毎年開催しているCS向上セミナーは、
鎌田さんの愛嬌満点の笑顔(ごめんなさい)、軽妙なトーク、
そして熱いメッセージによって、
楽しく自分自身を振り返ることができる内容です。
 
2011年度も4回の開催が決定しました。
今年は何人の職員が、「疲れた表情」から
「元気な笑顔」になって職場に戻っていくか、いまから楽しみです。





株式会社小松屋 中川 マリ様

(株)小松屋 中川マリ様


鎌田さんとのはじめての出会いは、7年前。
あまりの感動に、帰りの新幹線ですぐに、
鎌田さんにどうしてもこの感動とお礼を伝えたくて、
一心に手紙を今でも書いたのを覚えています。
そんな、ひよっこの私に鎌田さんは、
温かい言葉を送ってくださいました。
 
「情けは人のためならず。」
「大きな世界で生きていきなさい。
小さな事にちまちま言わず、
いつも「カンラカンラ」笑って暮らすのですよ。」
「そして、何も出来ないのならどんなときにも、
人より一番大きな声で挨拶しなさい。」と教えていただきました。
 鎌田さん!7年経った今でも、あの時教えてくださった言葉を胸に
日々を過ごしています。

そして、一番大きな声で挨拶しています!
いつも本当にありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。




ダイハツ東京販売株式会社 総務部 教育・監査グループ                グループリーダー 宗像 晴美  様


当社と鎌田先生とのお付き合いは3年目になります。
各職種のリーダー研修を中心にお願いして参りました。
今年からは次世代を担う「若手リーダー育成」とお客様に
「魅せる整備工場作り」でお世話になっております。

通常、研修成果とはなかなか見えにくいものですが、
その成果を実感できるカリキュラムです。
 
これからも優しくて・時に厳しい 『カマタワールド』で
多くの人材を鍛えていただき
日本一のディーラーを目指して行きたいと思っております。




JA 神奈川県 厚生連 相模原協同病院                         企画情報課 神戸 俊昭 様


先生の講演は去年のHISフォーラムin福井(福井県済生会主管開催)の特別講演、
並びに、湘南西部病院協会(平塚共済病院主管開催)の時に拝聴させていただきました。

福井の時に大ファンになりました。
先生の何ともいえぬカリスマ性・・・
私には後光が見えます(笑)めがねの話し、車の話し、ポイントカードの話し・・・。
 
本当はセミナーに参加して、先生の本質を勉強したいと思っていますが、
なかなか時間が無いのが現状で(言い訳かもしれませんが)
いつかは参加したいと考えております。






06
Feb

福井県済生会病院様から受講の感想をいただきました。

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category お客様の声

福井県済生会病院様から受講の感想をいただきました。
ありがとうございます。

一部をご紹介させていただきます。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

毎朝、朝礼で理念などを言っていたが、あらためて意義を考えた。

患者さんに接する部署でないし、
ただ意味を考えずに言っていただけだったと反省した。

関係ないと思わずに
どうしたら理念を実践できるか考える機会になった。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


職場で活かせることはもちろん、
日常生活(プライベート)においても、
大変ためになりました。

ちょうど現在自分の環境が大きく変わろうとしている時
であり、たくさんの人との関わりが増える中で、
今日学んだ人間関係の向上に努めていこうと思いました。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


組織で働くために、自分がどのように働きかけていくのか、
受け身の時代は終わり、
自己の意見がこれからの時代には大切。

それが、仕事への満足につながっていく。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


自分1人を目線と他人の目線では、物の見方が違う。

いろんな角度から周りを見たり、
ミッションをかかげて一つの事に取り組むことが大切ということ。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

29
Dec

福井県済生会病院物語

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category クライアント紹介

福井県済生会病院物語

福井県済生会病院様とのお付き合いは2007年からになります。経営企画課
長様が、私の講演を耳にする機会があり、それからのご縁です。
少しモチベーションが下がりつつあった、勤続3~6年の看護師の方々のモチ
ベーションアップを図りたいとのこと。十数名の方にインタビューを実施し、
問題点を明らかにして対応を図ることとなりました。

先ずは、院内スタッフ全員を対象に当社のCS向上セミナーを開催しました。
さらに、私たちの強みでもある、映像を使ってのモチベーションアップツール
も用意させていただいたのです。
この映像の効果によって、院内全体のチームワークや自分の仕事の意義等があ
らためて、心に落とし込まれていきました。

元々、福井県済生会病院はES(従業員満足)にも力を入れていました。子育て
中の看護師の方々への配慮としての院内保育園も既に完備されていました。

また、私見ではありますが、院内環境はこれまで拝見した病院の中でもベスト
に近いものでありました。清掃は行き届いており、施設の環境は患者様はもと
よりスタッフにとっても素晴らしいものです。

現在は年間4回ほど、様々な職種のスタッフに(もちろんドクターも交えて)
当社のCS向上セミナーをご受講いただいております。
院長先生や経営企画室の方々の会食においては、そのビジョンの高邁さには本当
に敬服するばかりです。

さて、皆さん、この写真を見て下さい!
CIMG0698.JPGのサムネール画像
CIMG0971.JPGのサムネール画像 


この心温まる研修のセットは素晴らしいと思いませんか?
バスケットの中にはお菓子の数々、それにお花の飾りとグループの名札が綺麗
にセットされています。さらにグループワークで用いるマジックなどの備品類
も美しくセットされています。これらは、研修担当の方が100円ショップな
どを利用して取りそろえたものです。お金がないから出来ないのではなく知恵
とやる気があればこんなに素晴らしい環境が作り出せるのです。

講師として担当する私自身も気持ちよく講義がスタート出来るだけでなく、参
加者の皆さんの気持ちはどうでしょう・・・。大事にされている事がわかると思
います。よいアンケート結果は講義内容だけでなくこのような環境もあっての
ことだと思うのです。

27
Dec

ANA(全日本空輸株式会社)物語

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category クライアント紹介

ANA(全日本空輸株式会社)物語

当社の設立は1999年11月1日その後、1年ほど経ってからANAさんと
のお付き合いが始まりました。そのきっかけは、東京空港支店の総務の方の熱
き想い・・・「私は他社が追随出来ない程の航空会社にしたい!」からでした。

そして今、累計1万名以上のANAグループのスタッフが当社のCSセミナーを
受講するまでに発展しました。
さらに語り部(CSリーダー)の育成も同時並行で実施していきました。
ANAの「想い」は肩書きを超えて、グループ関連会社の全ての方々が参加す
ることになったのです。今でもその活動は終わることはありません。

(参考図書「お客様と共に最高の歓びを創る」生産性出版)

彼らに働く意味とグループとしての誇りを喚起させるために基幹空港毎のモチ
ベーション映像制作のお手伝いもさせていただきました。実はその制作は単に
創ることが目的ではなく、映像を制作するプロセスにかかわる多くのスタッフ
のモチベーションアップの狙いもありました。
インタビューを通じて「働く意義」「夢」「歓び」が喚起されていったのです。

一番私たちを驚愕させたのは、現大橋会長が社長時代に研修会場を訪れて高ら
かに自らビジョンを伝えた事でした。

 「私はアジアでNo1の航空会社にしたい。
     それには皆さんの絶え間ないお客さまを思う気持ちが必要です!」

トップ自らがCSの重要性を訴えたのです。
この時ほどトップの本気を感じたことはありませんでした。

CS推進室の方々は何人も入れ替わってるにも拘わらず、その「想い」は今も
引き継がれ、益々その想いは衰えるどころか勢いを増しています。
志の高い企業様とのお付き合いは私たち自身の成長にも繋がっています。

ANA/当社制作の機内ブランドビデオ
TEAM ANAあんしん、あったか、あかるく元気!は
ANAのホームページでご覧いただけます。

RSSフィード(Atom)

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ