ヴィジョナリー・ジャパン プレゼンツ

03
Dec

アカデミーヒルズ様のホームページに講演レポートが掲載されました。(1)

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category つぶやき

2014年05月19日 (月) アカデミーヒルズ様で講演をさせていただきました。
その時の講演レポートが掲載されています。



tqe2it00000oe63a.jpg



こちらも4回連載で掲載されます。

"感動"を生む組織づくり インデックス

第1章 すべては"そうじ"からはじまった        014/12/03 (水)
第2章 顧客に深い満足を提供する          014/12/10 (水) 公開予定
第3章 CS成功企業の6つの要件           014/12/15 (月) 公開予定
第4章 「ありがとう」と言われて嬉しいのは誰か? 014/12/17 (水) 公開予定



03
Dec

PRESIDENT Onlineにコラムが連載されました。(3)

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category つぶやき


「ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門」

img_409c038fb9c659065277767234ed3f3924052.jpg


お客様に喜んでもらいたい気持ちはあるけれど
どうすれば喜んでもらえるのだろう?
事例の共有でみんなの経験を自分のものに!

「暗黙知」って深イイ!




02
Dec

PRESIDENT Onlineにコラムが連載されました。(2)

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category つぶやき


「ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門」


img_409c038fb9c659065277767234ed3f3924052.jpg




2回目の記事が配信されました!
そうそう、ディズニーランドに行くと初めて会う人と
簡単に仲良しになれちゃうんですよ。
どうしてなのでしょう?? 不思議ですね。





01
Dec

PRESIDENT Onlineにコラムが連載されました。(1)

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category つぶやき


「ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門」

img_409c038fb9c659065277767234ed3f3924052.jpg


なぜディズニーは持続的成長を続けることができるのか?

リピート率95%以上、ディズニーに学ぶ顧客満足の秘密(1)


4回連載です。

お時間のある時にPRESIDENT Onlineをご覧下さい。

Amazonビネス書のランキングもぐんぐん上がってきています!






01
Dec

「ディズニーを知ってディズニーを超える 顧客満足入門」

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category 鎌田洋 著書の紹介

  • 「ディズニーを知ってディズニーを超える
  •  顧客満足入門」

  • 002103-s.jpg
















 出版社: プレジデント社 (2014.10.30) 鎌田 洋 著  定価: 1,600円+(税)
  
  
 書籍関連の記事が掲載されました。


 PRESIDENT Online


 内容紹介


リピート率が9割を超えるというディズニーの

顧客満足戦略をわかりやすく解説。

顧客もサービスの担い手も笑顔が絶えない同社の秘密に迫る。


第1章 ビジネスの原点は、人を喜ばせること
第2章 理念・哲学を伝える
第3章 「仕組み」を整える
第4章 「想い」を具体化する
第5章 プライドを喚起する
第6章 顧客の期待を超える
第7章 個人の主体性を喚起する
第8章 CS向上サイクルで好循環をつくる
第9章 「ありがとう」の数だけ幸せになれる

 

03
Oct

「真夜中のディズニーで考えた働く幸せ」

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category 鎌田洋 著書の紹介

「真夜中のディズニーで考えた働く幸せ」

   「強い想いがあっても、人は常に葛藤している。

   そんなに恰好いい人生なんてないんだ。」


mayonaka+.jpg





















鎌田 洋 著  定価:1300+(税)
河出書房新社


内容紹介

ディズニーで働くことを目指して奮闘しながら学んだこと、

実際にディズニーで働きながら「仕事」と「人生」の意味について

考えたことを語る。

 

ディズニーに憧れ、そこで働きたいと奮起するも、

採用試験に落ち続けた日々。

ほかの会社で働きながら試験を受け続け、ようやく入社するも、

配属はまさかの清掃部門。

 

「掃除か......」落胆とともにはじまったディズニーでの仕事だったが、

そこで一人の尊敬すべき人と出会い、意識が変わっていく----

 

「学生はもちろん、社会に出て12年の人、

転職に悩んでいる2030代の人、

夢が忘れられないもっと大人の人たちにも、

ぜひ読んでいただければと思います。

(中略)

私のエピソードを通して、何かを感じてもらえたら嬉しいです。」

 

----本書 はじめに より。

 

▼目次

1章 「あきらめない」という旅

・ディズニーで働きたい! 28歳のチャレンジ

・アメリカ本社トップへの直談判

・ほかの仕事をしながらの再挑戦

・あきらめきれない想い、再びアメリカのディズニーランドへ

・天にも昇る気持ちからどん底へ

・半ばあきらめていた最後の挑戦 ほか

 

2章 カストーディアルの仕事を通して学んだこと

・私は「その他大勢」に過ぎない

・掃除の神様との出会い

・まさかのナイトカストーディアルに配属

・カストーディアルの仕事の意義

・ディズニールックへのこだわり

・自分の仕事を見てくれている人がいる喜び

・カストーディアルは人の心も綺麗にする仕事 ほか

 

3章 思い通りにいかないときこそ、素直に懸命に

・人生は小さな「転換期」の積み重ね

・浪人、留年、そして就職。将来の夢なんてなかった

・人がやらないことをやってみる

・目の前の仕事に真剣に向き合う ほか

 

4章 人生は人との関わりの中にある

・ウォルト・ディズニーの人を信頼する心

・周りの評価を気にせず、自分が出来ることに集中する

・仕事は一人ではできない

・尊敬できる人の存在 ほか

 

 


31
Mar

「ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと」

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category 鎌田洋 著書の紹介

シリーズ70万部突破!

「ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと」
鎌田 洋 著 四六判/並製 定価:1100+(税)
SBクリエイティブ


2014.3.12.jpgのサムネール画像




書籍関連の記事が掲載されました。
SBクリエイティブ オンラインのサイトです  


 内容紹介

本当のおもてなしに気づく3つの物語

ディズニーランドのホスピタリティの秘密は「おもてなしの神様」が握っていた。
本書では、ディズニーランドのキャストが、純粋にゲストのハピネスを願う、
文字通り「表も裏もない」気配りの心を学んでいく様子を、3編の感動物語を通して紹介する。



時を超える魔法
はじめに ディズニーの、サービスを超えた「おもてなし」とは?
第1話 夢の途中
第2話 笑顔のスポットライト
第3話 世界にひとりの魔法使い
おわりに 私たちを本当に満たしてくれるもの

 

 出版社からのコメント

大切な「思い出」は、いつもディズニーと共にあった――。
東京ディズニーリゾートのことを、そんなふうに表現するゲストは少なくない。
「思い出」というのは「遊んだこと」だけを指すのではない。
自分の人生にとって大切な「ハピネス(幸福感)」という宝物が詰まっている場所。
その宝物と再会するために訪れたくなる場所なのだ。
それはまるで、友人、家族、恋人との大切なアルバムが
パークに足を踏み入れることで再生されるかのようだ。

ある30代の女性ゲストがパークの噴水の前で立ち止まった。
目にはうっすら涙を浮かべている。
哀しいことがあったのではない。
思い出しているのだ。
幼いころ、父と母に連れられ、大はしゃぎしてミッキーとミニーに駆け寄っていった日のことを。

本物の笑顔で大きく手を振ってくれたキャストたち。
父の肩に乗せてもらって見たパレードのまぶしさと父の温もり。
肩車されながら、興奮してぶらんぶらんさせた小さな足を
大きな手でしっかり支えてくれていたっけ。
子どもごころに、その一瞬一瞬がすごくかけがえのないものだった。
自分が今ここにいることのしあわせ。
ずっと大切にしておきたくなる気持ち。

女性ゲストの視線の先には、夫に抱っこされ、
まだ少し大きいカチューシャがずれ落ちそうになるのを気にしている娘の姿。
彼女は願う。
この子がいくつになっても、この場所と家族の絆でつながっていられるようにと。
夫と娘の呼ぶ声に促され、駆け寄っていく彼女と後ろ姿をそっと見守っていたのが
ディズニーの"おもてなしの神様"だった。

――30年前。
誕生したばかりの東京ディズニーランドは、
日本で初めてのテーマパーク型"遊園地"だと思われていた。
ゲストの目的は、珍しいアトラクションをたくさん楽しむこと。
もし、そのまま「ただの珍しい遊園地」として東京ディズニーランドが時を重ねてきたのなら、
こんなふうにゲストの世代を超えて「大切にしたい思い出」は受け継がれなかっただろう。

じつは、その思い出を共有しているのはゲストだけではない。
キャストもまた、サービスを超えた「おもてなし」によってゲストと気持ちが
通じ合うことのハピネス(幸福感)を、世代を超えて受け継いでいるのだということは、
あまり知られていない。

人間は自分がハピネスを受けとった時間を誰かと分かち合いたいという
自然感情を持っているものだ。
だからこそ世代を超え、時を超えて"とけない魔法"のように 
「大切な思い出」がパークにはあふれているのだろう。

人生のいろんな場面に、いつもディズニーでの「思い出」がある。

その秘密をディズニーの"おもてなしの神様"だけは知っている。
いったい、そこにはどんな、時を超えた物語が秘められているのだろうか。
「時を超える魔法」より)


17
Mar

東京駅京葉ストリートのBOOK EXPRESSさんに行ってきました!

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category つぶやき

新刊 「ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと」が
店頭に並んでいるのが見たくてお出かけしてみました。





03
Mar

アメーバブログも不定期で更新しています。

posted by ヴィジョナリー・ジャパン | Category お知らせ


いつもヴィジョナリー・ジャパンのホームページを
ご覧いただきありがとうございます。

週一回、「本気の顧客満足!ディズニーにかけた鎌田洋の徒然日記」から
鎌田のメールマガジンを配信させていただいておりますが、

アメーバブログからも情報発信をさせていただいております。

アメブロ:「幸せを呼び込む四つ葉のクローバー」では
鎌田の出張中の出来事やディズニーリゾートからの報告など
ビジネスとは少し離れた話題で盛り上がっています。

更新は不定期ですが、皆様からのコメントも受付しています。

今日は、鎌田のインタビュー記事へのアクセス数が伸びましたので
ご報告をさせていただきました。

こちらのリンクからお読みください。






RSSフィード(Atom)

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ