ヴィジョナリー・ジャパン プレゼンツ

25
Oct

色のちから

posted by 中川 | Category つぶやき


みなさんこんにちは!
だいぶ寒くなりましたね。
接近している台風も心配ですが、十分に備えて元気に週末を乗り切りましょう!
今日は「色」にまつわる話題です。

colors.JPG


こころと色の関係

すっきりしないお天気が続いたり、寒さで道行く人々が黒っぽい服装に落ち着いて行ったり、なんとなく毎日を単調に感じたりすると、私はカラフルなものを見たくなります。
お花屋さんの店頭、洋服屋さんのショーウィンドウ、ケーキ屋さんのショーケース、クレヨンや色鉛筆・・・。
「買い物したいんじゃないの」と言われてしまうとそれも嘘ではないのですが、自分の気持ちをじっと見つめてみると、「色鮮やかなものを見たい」という心に気づきます。
この気持ち、どうしてだろう?という素朴な疑問から、今日は「色」の持つ力を調べてみました。

色の力

色について調べてみると、人の心や体への影響力に驚かされます。
色ごとに私たちの心が受ける影響について少し具体的に見ていきましょう。

【赤】人間の感情的興奮や刺激をもたらす。赤は色の中で最も長い波長を餠、交感神経に刺激を与え、体温、血圧、脈をあげる。


【オレンジ】楽天的な印象を与え、陽気に見える。消化、新陳代謝をよくする作用があり、食欲を増進させる。血管や自律神経を刺激し身体を活動的にする。

【黄】明るさや希望を与える。運動神経の活性化。脳の活性化。頭の回転が早くなり集中力がアップする。

【緑】情緒の安定、安心感の増加。体を癒す色。筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせてくれる。また、筋肉や骨、その他組織の細胞を作る力を促進したり、緩和効果があるので血圧を下げる。


【青】爽快感、冷静を与える。鎮静作用があり、精神的に落ち着かせる作用がある。体温の低下、痛みの緩和などの作用もある。

【紫】高貴さ、優雅さを表す。集中力アップ。鎮静効果。リンパ管や心筋、運動神経の働きの抑制。

【黒】力強さ、高級感を与える。相手を威圧し、力を象徴する。

【白】純潔さや純真さを表す。過去を清算してリセットする。

(参考:デザイナー・中山芽衣さんの記事より) 

私が「カラフルなものを見たい」と思ってでかけたり、クレヨンや色鉛筆の箱を開けるとき、そのあと決まって、気になる色のものを手に取ります。
鮮やかでつややかな柿の実を買って帰って食べたり、黄緑色の色鉛筆で絵を描いて黄色で光を与えたり。
そうして、その日「なんとなく」気になる色を生活に取り込んだり、積極的に使ってみることで、心が上向きになったり、リラックスしたり、ここぞというときの静かな闘志が湧いたりするように思います。

私たちは恐らく、食べたり飲んだり香りをかいだりすることの他に、目から飛び込んでくる「色」にもたくさんのエネルギーをもらっているんですね。

そう考えた時に、ディズニーランドやディズニーシーを思い浮かべると、新たに納得することがたくさん出てきます。

こころあたたまるパステルカラーの世界観、キャラクターたちの鮮やかな装い、キャストさんの汚れのない真っ白なユニフォーム、チリひとつない園内。

この環境が、私たちの心にプラスのエネルギーを与えないはずがないのです。

台風が迫る曇り空の下で過ごす今日、今度はディズニーランド(もしくはシー)を、その色彩に注目しながら歩いてみたいなあとふと思うのでした。

訪ねるたびに注目するテーマを変えて臨むと、その都度、新たな感動をくれるのがディズニーのニクイところですね(*'ω'*)

大型の台風がはやく過ぎ去って、しずくをたたえた美しい世界をお日さまが鮮やかに照らしてくれますように!
どうぞお気をつけて、楽しい週末をお迎えください!

I wish you happiness!!
♪ 中川

RSSフィード(Atom)

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ