トップ

スタッフブログ

CS

エステでの後輩育成

 

ヴィジョナリー・ジャパン プレゼンツ

01
Jul

エステでの後輩育成

posted by 中川 | Category CS

みなさんこんにちは!
先週の「パン屋の店長さんが教えてくれたこと」、たくさんの「いいね!」をありがとうございました。
このブログでお伝えする、職場での具体的なエピソードが、ハピネスのヒントになれば嬉しいです。
今日は、私がエステに勤めていた時の後輩育成について書いてみたいと思います。

2011.07.10 002.JPG



「私をキレイに5キロ痩せさせてくれる?」

都内のエステに勤めていた頃、自分の技術やお客様への提案になかなか自信を持てずにいる後輩がいました。
技術チェックをすればかなりの水準に達していますし、彼女の爽やかで清潔感溢れる雰囲気もとても好感が持てます。
でも、いざ現場に出るとなると「なんだか自信が持てない」のです。
なぜか。
"1回の施術からお客様のお体の状態を観、次回のご予約を提案をして、お客様の望む結果への最短距離を示して差し上げる"
現場ではこのことが必要とされるからでした。

「私をキレイに5キロ痩せさせてくれる?」

私はある日、後輩にこんなお願いをしてみました。
ちょうど私自身、ちょっとお肉がつきはじめ、エステティシャンとしてはまずいなと思っていた頃でした。

「え、私がですか?5キロですか??」
「うん、私を施術して、次回の予約提案もして、食事指導もして。
普通にお金払って、貴女のお客さんになるから。」
「・・・はい!やってみます!」

それから、私と彼女の真剣勝負が始まりました。
私は仕事終わりや休みの日に予約を入れて、彼女の施術を受けます。

「減り始めてた体重が、停滞気味みたい。」
「我慢してたけど、昨日、ドカ食いをしてしまった。ゴメン(=_=;)。」
「家でできる体操とかあるかな?」

私は実際のお客さんとして、体や心の状態を彼女に素直に伝えていきます。

「体重はある程度減ると、ある時停滞するんです。ここを辛抱強く乗り切りましょう。」
「ストレスやお付き合いで、食べ過ぎてしまう日も時にはあります。その場合は翌日の食事で調節していけますよ。」
「お家でできる体操、あると思います!次までに調べておきますね。」

彼女なりの答えを一生懸命出してきます。わからないことは持ち帰って調べる
私は私で、美容・健康に投資するお客様の真剣な気持ちや、ワクワク感、めげそうな気持ちを色々体験することになり、非常に貴重な機会になりました。

「・・・あれ?中川さん、なんかちょっと痩せた?」
「わかりますか?今、定期的に後輩の鈴木の施術を受けてるんです。目標はマイナス5キロです。」
「へ~。すごいな。」

私の体型の変化に、常連のお客様が気づいてくださることもありました。
そんな時は、すかさず後輩の宣伝(笑)。
彼女の指名に繋がることもある訳です。


ミーティングで進捗報告

私は後輩と相談し、月1回の全社員ミーティングで2人の取り組みの進捗を発表していくことにしました。

私 :「現在、マイナス〇キロです」
後輩:「こんな風な施術をしています。今月はこんな風にアプローチしていきたいと思います。」

順調な時は堂々たる発表ですが、停滞するとヒヤヒヤものです。
(もちろん、私がゲッソリ不健康でもいけません(笑)。)
しかし、私たちは全社員の注目を浴びながら、最終的にマイナス5キロを達成しました。

後輩は、お客様と本気で関わることを知ったようでした。
私は、美容・健康に投資するお客様の気持ち、プロに支えてもらう心強さ、自分の体に徐々に磨きがかかってくる快さなど、お客様としての具体的な気持を知ることができたように思います。


後輩からの手紙

きのうは施術中にアドバイスしてくれて、ありがとうございました!!

すごく助かりました

そのあと、他のお客様にも同じような質問をされたのですが、中川さんのおかげできちんと説明できました。

いつも困った時に助けてくれて本当にありがとうございます。感謝しています。

中川さんが前にお手紙くれたの覚えてますか?

今でも大切にしています

お礼が言いたかったので、お手紙書いてみました。

これからもこんな私ですが、よろしくお願いいたします。


後日、後輩からこんなお手紙をもらいました。
(こちらこそ、目標通り仕上げてくれて大感謝、でした笑。)
この取組みを通じて、しっかり者の彼女が、先輩に上手に甘える(頼る)ことを覚えてくれたのも嬉しい結果でした。

"育てる"ということには色々なやり方があると思いますが、一緒に挑戦して結果を出す、という運命共同体的なやりかたも、時には面白いと思います。

また、自分のお店にお客さんとして来店し、お金を出してサービスを受けてみる
その時に素直に浮かんできた感想が、店舗改善の大きなヒントになるような気がします。
いかがでしょうか。

今週1週間が、皆さんにとって素晴らしい時間になりますように。

I wish you happiness!!
♪中川

RSSフィード(Atom)

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ