ヴィジョナリー・ジャパン プレゼンツ

28
Nov

選択

posted by 幻舟 | Category つぶやき

昨日、大阪府知事と大阪市長のW選挙が実施され、橋下元知事が率いる大阪維新の会が圧勝しました。当初は接戦が予想されていたのですが、選挙終了の8時過ぎに当確が出る勢いでした。恐らく、閉塞した現状をどうにか変えたいという有権者の思いが結果に出たのだと思います。
橋下さんは典型的なカリスマ型(独裁型?)のリーダーです。「大阪都構想」や教育改革、行政改革を明確に打ち出し、自ら先頭に立って旗を振るタイプ。ゴールが明確でとにかく熱い。メッセージがとても分かりやすいので、圧倒的に支持されたのでしょう。大阪府知事に当選した松井さんも橋下さんの後ろ盾がなければ、ただの泡沫候補に終わったでしょう。
これからは、既成政党や既得権益との闘いになるでしょうが、是非、大阪を元気にするだけでなく、それをきっかけに日本を元気にして欲しいという思いがあります。
日本では、この数ヶ月間に対照的なリーダーが生まれたことになります。もう一方は野田総理大臣です。野田さんのリーダーシップは話し合いをベースに相手の立場も理解しながら変革を進めていくというもの。「和」を重要視した従来の日本的リーダーシップです。基本的に敵をつくらない。野田さんの口から他人の誹謗中傷など聞いたことがありません。
それに対して橋下さんは、対決するメンバーや批判勢力に対しては徹底的に闘う。自分の考え方と合わない人間は要らないと断言する。罵詈雑言も当たり前!
この新しいリーダー二人、これからどのような道を歩むのか。
震災、原発、TTP、かってない難題が待ち受ける日本。さまざまな選択を迫られる日本の中で、私たちにもどのリーダーシップを支持するのか、選択が迫られていると思うのです。

 

RSSフィード(Atom)

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ