トップ

スタッフブログ

本・映画

若者のトリセツ

 

ヴィジョナリー・ジャパン プレゼンツ

20
Nov

若者のトリセツ

posted by 幻舟 | Category 本・映画

先月に発刊された『若者のトリセツ』という本を読みました。著者は偶然ですが、私の小学校時代の同級の岩間夏樹氏。彼は今年の新入社員は○○ 型という毎年マスコミで発表されるネーミングづくりの取りまとめをしている方です。ネーミングをつけるにしても思いつきではなく、1年くらいこのテーマを考えている人たちが集まり何度もミーティングする中で決めていくそうです。いくつかポイントがあって、まずは新入社員がめげてやる気をなくすようなネガティブなものではないもの、二つ目はマスコミ受けしそうなユーモアのセンスがあること、そして何よりもきちんと特徴を捉えていることだそうです。なかなか大変な作業ですね。岩間氏は多くの会社組織が今の若者に対してレッテルを貼ることの怖さ、世代間ギャップを埋められずに一方的に若者に『人間力』が不足していると決めつけることの危険性を非常に危惧しています。今の世相を大変深く分析していて私共のような仕事をしている者にとって結構役立つ内容です。是非、ご一読を!
『若者のトリセツ』 岩間夏樹著 生産性出版 1500円+税

RSSフィード(Atom)

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ